英語が苦手な主婦のアメリカでの子育て奮闘記


by Bocce
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Captiva Island

両親が日本から遊びに来ているので、皆でCaptiva Island(キャプティバ島)へ行って来ました。
e0112632_642264.jpg

e0112632_646574.jpg

Captivaは貝拾いが楽しめるビーチで有名なSanibel Island(サニベル島)の隣の島です。
5年前の秋に旦那とSanibelへ行ったときはものすごく沢山貝があったので、今回もちょっと期待してました。
でも、Captivaにはあんまり貝がなかったし、Sanibelも小さな貝は沢山あるものの、巻貝とか大きい貝はほとんどありませんでした。
前回がたまたまラッキーだったのかな?
秋だったから、ビーチにあまり人もいなかったし。
今回はSanibelでは沢山の人が貝拾いを楽しんでました。
e0112632_6431745.jpg

e0112632_6473699.jpg

網を持ってきて、海の中の貝を探してる人もしたし。
両親も貝拾いに熱中して、沢山貝を拾いました。
ちなみに、貝拾いは引き潮の時がいいそうです。

Captivaはのんびりした島で、ビーチからイルカが泳いでるのが見えて感動しました。
でも、No-see-ums(糠蚊)という微小な吸血昆虫がいて、私だけ沢山刺されてえらい目にあいました。
目に見えないほど小さいく、刺された時は直後はなにも感じないそうですが、翌日に腫れて痒みは1週間続くそうです。
右腕だけで30箇所以上も刺され、両足、左腕もそれぞれ20~30箇所は刺されました!
ビーチではあまり蚊に刺されないから油断してたんですね。
2日目からは外出時には必ず虫除けを使いました。

SanibelにJ.N. “Ding” Darling National Wildlife Refuge(JNダーリング国立野生動物保護区)があって、沢山の野生の鳥を見ることができます。
スタッフの人にどの時間帯が一番いいかを聞いたら、早朝と引き潮の時がいいと言ってました。
私たちが着いたのは9時半だったので、ちょっと遅かったかなぁ。
すでに暑かったからあまり沢山の鳥は見れませんでした。
でも、Spoonbill(ヘラサギ)やBlue Heron(スミレサギ)が見れたのはラッキー。
ボランティアのおばあちゃん達が珍しい鳥を見つけては、望遠鏡で見せてくれます。
Spoonbillは遠かったけど、望遠鏡であの綺麗なピンクを見ることが出来ました。
e0112632_6442296.jpg

e0112632_6444539.jpg


帰りにFt. Myers(フォート・マイヤーズ)でEdison & Ford Winter Estates (エジソン&フォード避寒別荘)に寄りました。
エジソンの別荘の隣にフォードの別荘があります。
エジソンは1885年に土地を買い、翌年家を建てました。
e0112632_6452698.jpg

当時、この別荘までの交通は船のみだったそうです。
エジソンがフォードを別荘に招待(1914年)して、それで隣にフォードが別荘を買いました(1916年)。
e0112632_6455054.jpg

別荘と庭と博物館と研究所と見所いっぱいで面白かったです。
ちなみにこの車はエジソンが乗っていたフォードの車。
約$480で購入!
e0112632_646182.jpg

[PR]
by Bocce | 2011-06-20 17:40 | 旅行