英語が苦手な主婦のアメリカでの子育て奮闘記


by Bocce
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ディズニークルーズ ②

船内には劇場が2つあり、Buena Vista Theaterでは1日に5本ぐらいディズニー映画が上映され、Walt Disney Theaterでは毎晩ミュージカルなどのショーがあります。
ショーは1時間で18:15と20:30の2回行われ、夕食が17:45からのFirst seatingの乗客は20:30のショーが見れて、夕食が20:15のSecond seatingの乗客は18:15のショーが見れるようになってます。
うちは太郎の為に17:45のFirst seatingにしたのですが、太郎が疲れきってしまい20:30のショーを見るのは不可能でした。
昼寝をしてくれれば大丈夫だろうけど、楽しくて昼寝をしたがらず、夜も興奮してなかなか寝ないので、消灯して皆で一緒に寝ないと駄目でした。
初日はGolden Mickeyというショーがあったのですが、Paloの予約が19:00だった為に見れず。
ショーが見たいならその時間を考えてレストランを予約しないとと思いました。

初日は早く寝たので翌朝6時に目が覚めてしまい、6:30からのストレッチに参加しました。
友達から船内にジムがあるって聞いていたので、がんばって運動しようと思ったのですが、運動できたのはこの2日目の朝だけでした。
6:30前にジムに行ったのにすでに15~20人ぐらいエクササイズしていました。
一部のアメリカ人はバケーション先でもエクササイズするからすごいって思います。
30分のストレッチの後、自己流のヨガをやって、それから15分ぐらいカーディオマシーンでエクササイズ。
本当は30分ぐらいやりたかったけど、太郎がお腹すかして待ってるかと思うと、早めに切り上げざるを得ませんでした。

8:30頃に朝食を食べにCabanasへ行くと、船はバハマのNassau(ナッソー)港に到着してました。
e0112632_1351043.jpg

18:30まで停泊しているので、Nassauで観光したり買い物したりできます。
でも、友達からNassauはあんまり楽しいところではないと聞いていたので、船に残ることに決めてました。
船内の乗客が少なくなるから、ゆっくり船内を楽しめるし。

午前中はプールやスライドで遊びました。
e0112632_1353512.jpg

e0112632_1355342.jpg

ミッキースライドはほとんど並ぶことなく何度も楽しめたし
e0112632_1361134.jpg

アクアダックも15分待ちで乗れました。
e0112632_1362633.jpg


SPAでPamper packageというのがあって、50分のボディマッサージと25分のフェイシャルをしてもらいました。
高かったけど、イスラエル人のセラピストはものすごく上手で大満足。
体も顔もケアしないと駄目だと薦められるままに美容液とマッサージオイルを購入してしましました。

プールサイドでランチを食べて、14:30からAtrium(中央大広間)でディズニーキャラクターと写真が撮れるというので行ってきました。
これも空いててほとんど並ばずに撮る事ができました。
e0112632_137617.jpg

e0112632_1372720.jpg

でも、太郎は写真を撮るのが嫌いで、ミッキーには顔を背けてちっともいい写真が撮れない(怒)!
e0112632_1374725.jpg

クルーズのスクラップを作ろうとしてる私としては、クルーズの間中このことが不満の種でした。
旦那はディズニーが好きではないので、キャラクターと写真を撮るなんて馬鹿らしいとばかりにちっとも協力的じゃないし。
ちなみにキャラクターと写真を撮れる機会は沢山あって、何時にどこでどのキャラクターと写真が撮れるかスケジュールに書いてあります。
プリンセスと写真が撮れるときには、プリンセスのドレスを着た女の子とその家族たちが長蛇の列をつくってました。

Midship Detective Agencyという、いなくなった子犬達を探すのと犯人探しのゲームがありました。
エージェントナンバーが書かれたカードをそれぞれの階にある13枚の絵にかざすと、子犬達がみつかったり、犯人探しのヒントがもらえたりします。
地図をもとに絵を探して船内をうろうろするので、船内をあちこち歩けて楽しかったです。
旦那の推理によると犯人はDr. Facilierなんですけど、これってあってるのかな?

夕食は2階にあるEnchanted Gardenと3階にあるRoyal Palace、Animator's Palateの3箇所でそれぞれいつどのレストランなのかとテーブル番号が指定されています。
初日はフレンチのRoyal Palaceだったのですが、Paloで食べたので行けませんでした。
2日目はPacific Rim Cuisine(環太平洋料理?)のAnimator's Palateで、壁にニモのキャラクターたちが映し出されて、子供にはとっても楽しいレストランでした。
e0112632_1391543.jpg

私たちのテーブルには同じく3歳の男の子がいる家族が同席してました。
テーブル番号はずっと同じなので、いつもこの家族と一緒に食事をすることになります。
お母さんは息子をバイリンガルにすべく、常にスペイン語で話しかけてました。
最近太郎は英語がメインになってしまったので、私もがんばって日本語のみにしないと。

つづく
[PR]
by bocce | 2012-04-05 12:33 | 旅行