英語が苦手な主婦のアメリカでの子育て奮闘記


by Bocce
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

京都

女友達と二人で京都へ行って来ました。
太郎を置いて2泊3日で旅行なんて初めてです。
太郎はさすがに3日目の朝は「マミー」と言って泣いたらしいけど、TVを見せてお菓子をあげたら機嫌が治ったそう(苦笑)。
思った通り、マミーがいなくても大丈夫でした。

太郎を置いて旅行なんて滅多に出来ないから、1度は泊まりたいとずっと憧れていた老舗旅館に泊まりました。
かなり痛い出費だったけど、思い切って行って来て良かったです。
やっぱり老舗旅館は品格が違いました。
お料理も美味しく器がこれまた素晴らしくて、すっかり影響を受けてアンティークショップで器を購入してしまいました。
e0112632_2312356.jpg

来月旦那の誕生日なので、素敵なプレゼントが見つかって大満足。
日本に住んでいたらもっと買えるのに、アメリカへ持ち帰ることを考えると2点しか買えませんでした。
お店は五条坂のバス停を降りてすぐ。
お手頃な値段のアンティークが沢山あって、また京都へ行く機会があったらぜひ寄りたい店です。

初日は「Comme ci comme ca(コムシコムサ)」というフレンチレストランでのんびり食事を楽しんで、それからショッピングして早めに宿に行きました。

2日目は友達が西芳寺(苔寺)の予約を入れてくれて、予約が1時だったので近くの華厳寺(鈴虫寺)に先に行くことにしました。
近いという理由だけで選びましたが実はものすごい人気のお寺で、参拝者の数がすごかったです。
ゴールデンウィークとか紅葉の時期とか2時間待ちになるそう。
秋だけ鳴く鈴虫が季節に関係なく1年中鳴いているので鈴虫寺と呼ばれているそうです。
鈴虫の音色とともに住職の「説法」を聞くのですが、これがとても面白かったです。
ここにはどんな願い事でも1つだけ叶えてくれる草鞋を履いたお地蔵さんがいて、
e0112632_23134133.jpg

e0112632_23141941.jpg

自分の願いってなんだろうと考える良いきっかけになりました。
例えば私の場合は第2子が欲しいわけですが、その願いだけかなえられて、私の癌が再発して早死にしてしまったら残された家族は大変なことになるし。
第2子が授かっても重度の障害とかあったら、それは大変なことだし。
願い事を1つだけって結構難しいです。
ちなみに世界平和とかの漠然とした願いや、芸能人の○○さんと結婚したいとかは叶わないそうです。

まだ時間があったので地蔵院(竹寺)へ行ってみました。
こちらはずいぶんと参拝者が少なくとても静かでした。

苔寺では般若心経を写経できます。
e0112632_231584.jpg

写経するのは初めてだし、かなり久しぶりに筆を使ったので初めはゆっくり丁寧に書いていましたが、段々スピードアップして雑になって来るのは性格だなって思いました。
初めは正座して書いていたのですが、すぐに足がしびれてしまいました。
外国人に交じって椅子席にしておいた方がよかったのかも。
写経した紙に心願と名前と住所を書いて奉納します。
願い事が絞りきれない私は「心願成就」と書いておきました。
写経の後は庭園をのんびり散歩。
苔寺と呼ばれるだけあって、庭中一面に百二十種余りの苔があります。
梅雨頃が一番美しいそうなので、一番いい時に見れてラッキーでした。
e0112632_23154540.jpg


豪華な朝食でお腹いっぱいだったし、ランチを食べると夕食が入らなくなるので、「Au grenier d’or(オ・グルニエ・ドール)」でお茶にしました。
日本のケーキってなんて美味しいんでしょう!

太郎と旦那に和柄のTシャツが買いたくて色々見て歩きましたが、なかなか気に入るものが見つかりませんでした。
探してる時って結構見つからないものですね。
ネットで手書きの和柄Tシャツをオーダーしたので、それで良しとしよう。

3日目は河井寛次郎記念館へ。
e0112632_23174061.jpg

寛次郎が日本各地の民家を参考にしつつ独自の構想のもとに設計したという家は、とても素晴らしかったです。
e0112632_23185655.jpg

陶芸家である寛次郎の家には素焼窯や登り窯まであって、見どころ満載でした。
e0112632_23194957.jpg

もちろん彼の作品も素晴らしく、京都に来ると素晴らしい陶器が多くて欲しくなってしまうのが困りものです。

次に、悪い縁を切り良縁を結ぶことで有名な安井金毘羅宮へ。
友達はここでお参りして悪い縁が切れたそう。
悪い縁は人だけでなく病や賭け事などの悪癖でもいいそうです。
紙に悪い縁と良縁のお願い事を書き、それを握りしめてまず悪い縁と切れるようにお願いしながら石の穴を通り、良縁を結べるようお願いしながら戻ってきます。
そして紙を石に貼り付けます。
e0112632_23203782.jpg


お腹がいっぱいなので、ランチの代わりに「鍵善良房」でくずきりを食べました。
やっぱりここのくずきりは最高!

京都には何度も行ったけど今回初めての経験が沢山あって、京都は奥が深いなぁとつくづく思いました。
色々下調べをしてくれた友達に感謝!
もちろん太郎をみててくれた両親にも!!
[PR]
by Bocce | 2012-06-26 23:22 | 旅行