英語が苦手な主婦のアメリカでの子育て奮闘記


by Bocce
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

両親 2回目のフロリダ旅行②

6月4日(月) ショッピング

まずはお約束のアウトレットモールへ。
去年は初めての長期海外旅行というのもあって、親戚や友達からお餞別までもらったので、お土産買いが大変だった。
しかし、今年はあんまり買わないそうだ。
孫にお土産を買うから、息子(兄)と嫁にはお土産は買わないと言っていたのに、やっぱり買っていた(苦笑)。
でも、娘(妹)には買わなかったのはなんでかな?

アメリカには余剰在庫品を安く売る店がある。
そのひとつであるMarshalls(マーシャルズ)にも連れて行った。
アウトレットモールより安い掘り出し物がみつかることもしばしばで、ここでも数点お買上。

父が持参してきた2Lの焼酎がもう少しでなくなるというので、Total Wine(トータル ワイン)へ寄った。
日本酒、にごり酒、梅酒が売ってるものの、焼酎は無し。
仕方ないので日本酒を買って帰ることに。
この巨大な酒屋に両親はびっくり。


6月5日(火)~ 7日(木)ペンキ塗り

先週に引き続き、TrimとBaseboardのペンキ塗り。
アメリカの古い家はペンキを塗る箇所が多い。
日本で塗装業の父を羨ましがられたことはなかったけど、アメリカでは必ず「いいなぁ」と言われる。
日本の高度成長期をささえた日本人は本当に働き者だと感心した。
両親は休むことなく働き続ける。
今日は早めに止めにしようと切り上げても、ビール1杯飲んだ後に庭の雑草取り(苦)。
むち打ち症で週3日整形外科に通い続けている娘を、少しでも助けようというありがたい親心にはもちろん感謝してます。

合間にCostco(コストコ)やWalmart(ウォルマート)へ連れて行き、両親はアメリカの品数の多さ、量の多さ、店やカートの大きさに驚いていた。

7日の夜はお向かいのTさんを招いての日本食パーティ。
Tさんは子供の頃と大学生の頃に日本に住んでいたことがあり、大の日本好きだ。
奥さんと娘さんは3週間のサマーキャンプに行ってしまったので、息子さんと二人で来た。
Tさんの日本語の堪能さや箸の使い方の綺麗さに両親びっくり。
食後はTさんのお父さんの代からの日本の骨董品コレクションを見せてもらいに、Tさんの家へ。
Tさんのお父さんは日本在住中にかなりの骨董品を買ったそうだ。
当時、日本の骨董品は結構安かったらしい。
円もかなり安かったしなぁ。
「なんでも鑑定団」が大好きな父は、少しは骨董品の価値が分かっているらしく、「すごい、これは貴重だぁ」とかなり喜んでいた。
Tさんは今でも副業で日本に年1回は行くので、彼の骨董品コレクションは増え続けているそうだ。


6月8日(金) Wekiwa Springs

フロリダには数々のテーマパークがあるけど、両親はあまり興味がないらしい。
それより自然の方がいいというので、Wekiwa Springs State Park(ワカイバ スプリングス州立公園)へ。
ハイキングした後、持参したおにぎりでピクニックランチを楽しんだ。

午後はMorse Museum(モールス美術館)へ。
去年も行ったけど、両親はこの美術館が気に入っているようで、もう一度見たいというので。
私も何度も行っているけど、やっぱり良いものは良い。

そして、この日のメインイベントはスペースシャトルの打ち上げ!
方角的にちょうどDog Parkからなら良く見えるに違いないと、犬も一緒に打ち上げ見学。
お天気もよく、雲は少なかったので、打ち上げが良く見えた。
去年、両親をケネディ宇宙センターに連れて行ったので、両親は初めてじかに見る打ち上げに感動もひとしおだったよう。
両親はこんなに良く見えると思っていなかったようで、カメラを持ってこなかった為、残念ながら写真はなし。


6月9日(土) のんびり

朝はお決まりのファーマーズ・マーケット。
日本では買えない野菜や果物を中心に沢山買い込む。

翌日からマイアミ旅行なので、朝食の後は母と二人でネイルサロンへ。
実は母にとっては初めてのネイルサロン。
「この歳になって初めてやることが多いわ」と言っていた。
私達がネイルサロンでまったりしていた頃、父はまたペンキを塗っていた(苦)。

午後は4人でHouston(ヒューストン)で湖を眺めながらのんびりランチ。
「日本でこんなレストランないわよね」と母は楽しんでいた。
ランチの後はドライブを楽しみ、のんびりすごした。


③へつづく
[PR]
by bocce | 2007-06-15 19:08 | 家族