英語が苦手な主婦のアメリカでの子育て奮闘記


by Bocce
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カナディアン・ロッキー ①

行ってきました。夏のカナダ!
今まで冬しか行ったことがなかったので、「夏のカナダで山登りがしたい!」という念願を叶えてきました。
といっても、今回の旅行のメインは自転車。
バンフからジャスパーまでの道程をロードバイクで6日間走るというツアーに参加。
私はこの旅行で始めてロードバイクに挑戦してきました!


<1日目> 曇り
アメリカとカナダは近いイメージが強かったけど、フロリダからバンフは遠かった・・・。
家を出てからホテルに到着するまで約13時間。
まだ8月なのに寒いし・・・。フロリダとは違いすぎる。
1時間ほどハイキングして、明日からの過酷な日々に備えて早めに就寝zzz。


<2日目> 曇り・雨
Lake Minnewanka Loop + Banff Townsite Option: 32.1km (Elev. Gain 167m/547’)
ツアー初日。10:30amからオリエンテーションで、参加者全員と初顔合わせ。
参加者の年齢は40代~60代と高めだけど、皆、世界各国で自転車ツアーに参加してきてたツワモノばかりで、ロードバイクは初めてというのは私一人・・・。
出発前に自転車の調整をして、試し乗りしてみると、マウンテンバイクとはかなり違う!
ギア・チェンジの仕方がまったく違うし、体もかなり前傾姿勢。
6日間大丈夫かな~という不安を映したかのような曇り空で、午後からは雨の予報。
最低気温は1℃でかなり寒く、最悪の滑り出し。
だたし、このツアーは常にこの写真のバンが参加者の様子を見に往復していて、「もう駄目だ。ギブアップ!」となったら、バンに乗せてもらえる。
e0112632_6453183.jpg

食事、スナック、水もすべて用意されて、荷物もホテルからホテルへ運んでもらえるので、
かなり楽なはず!

初っ端から下り坂だったのがちょっと怖かったけど、乗っているうちに段々慣れてきた。
曇り空でせっかくのカナディアン・ロッキーが見られないのが残念。
でも、湖を眺めながら走るのも楽しい。
e0112632_6454893.jpg

19.7km走ったところのキャンピング・グランドで、バンが待っていてピクニック・ランチの用意をしていてくれた。
すでに小雨が降り始め、かなり寒かったので、暖かい紅茶が飲めてとても嬉しい。
ランチの後は雨の中、ひたすらホテルを目指して走った。
どうか、翌日からは晴れますように!


<3日目> 曇り
Bow River Valley: 60.3km (Elev. Gain 578m/1896’)
最低気温-2℃。旅行中、一番寒かった日で、長袖のインナー、長袖Tシャツ、フリース・ジャケット、レイン・ジャケットと4枚も着こんだ。
ツアー二日目はバンフからレイク・ルイーズへ向けて走行。
距離も昨日の約2倍で、大きな上り坂が3つもあり、5kmほど高速を走らなければならない。
ちなみに高速は日本のように有料ではなく、自転車の走行もOK。
路肩は広めなので、それほど危険じゃないらしいけど、やっぱり大型バスとかが横を通過していくとちょっと怖い。
高速を過ぎると谷を見下ろすのどかな風景が続き、いよいよ恐怖の上り坂(苦)。
e0112632_6485881.jpg

一つ目の坂を下った辺りで、野生の鹿に遭遇!
しかし、まだロードバイクに慣れてなく、写真を撮る余裕は無し・・・。
32.6km地点のキャンピング・グランドで待ちに待ったピクニック・ランチ。
もちろん暖かい紅茶に飛びついた。
二つ目の上り坂あたりで、いよいよ腰が痛くなり、持参した痛み止めを飲んだ。
私はあまり痛み止めを飲むのを好まないけど、旦那はアメリカ人だからか、まったく抵抗がない。
痛いの我慢して自転車に乗っててもつまらないでしょう?という旦那の考えに同意して、このツアーの間は結構服用してしまった・・・。
三つ目の坂を越えるとホテルまでは下り坂。
旦那はそのままレイク・ルイーズへ坂を上って行ったが、私はホテルへ直行し、バンでレイク・ルイーズまで連れて行ってもらった。
やっと青空がのぞいてきて、湖と氷河がとても美しかった。
e0112632_6491456.jpg


②へつづく
[PR]
by bocce | 2007-09-07 17:43 | 旅行