英語が苦手な主婦のアメリカでの子育て奮闘記


by Bocce
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カナディアン・ロッキー 2

<4日目> 霧・晴れ
Moraine Lake to Bow Lake: 69km (Elev. Gain 251m)
朝から山は雲にすっぽり覆われた状態で、標高1,887mにあるモレーン・レイクへロードバイクで行くには視界が悪すぎる。
ちなみにホテルの標高は1,536mなので、351mの標高差分上り続けなくてはならない(苦)。
2名の自転車狂を除く全参加者がバンに乗り込んだ(苦笑)。
モレーン・レイクに到着すると、少しずつ雲が晴れてきて、短いハイキングを終える頃には青空に!
e0112632_12204552.jpg

とにかく綺麗で、今旅行中、一番のお気に入りの場所。
ちなみにカナダの$20札に印刷されている景色はモレーン・レイクだそうだ。
モレーン・レイクからはいくつもハイキング・トレイルがあって、お薦めらしいのだが、熊が出るので4名以上のグループじゃないとハイキングが出来ない。

青空にすっかり気分もよくなり、ロードバイクにまたがり、いざ出発!
モレーン・レイクから下り坂を快調に飛ばし、車両通行禁止の旧道を10kmほど走る。
野生動物に会える絶好の場所らしいけど、今回は残念ながら会えませんでした。
e0112632_12214187.jpg

今日はお弁当ランチなので、各自好きな場所で昼食をとる。
旦那と私は静かな旧道で山を眺めながらのランチ。
久しぶりに山登り気分を味わえた。

旧道の後は高速を10km走る。ちょっと怖いけど、天気が良くて山も綺麗で気分も上々。
e0112632_12222354.jpg


しかし、後半37kmはひたすら上り坂が待っていた(苦)。
e0112632_12224591.jpg

腰が痛いよ~!

やっと目的地のボウ・レイクに到着。
e0112632_1223957.jpg

ホテルにチェックインした後は、ボウ・レイク周辺をハイキングしたけど、このか湖の色がなんとも言えない不思議な色でとても綺麗だった。


<5日目> 曇り・晴れ
Glaciers and Icefields: 91.7km (Elev. Gain 756m)
ツアー中で一番きつかった日。
ホテルを出て5km走ると標高2,069mのボウ・サミット。
自転車を停めて少し歩くと展望台があり、ペイト・レイクが良く見える。
ちなみにこのレイク、ある動物の形をしているというのですが、何でしょう?
e0112632_12233992.jpg


ここから41km地点まではほぼ下り坂。
下り坂を快調に飛ばしてると、後輪がガタガタいってなんか変。
なんとパンクしてしまいました!
ちょうどミスタヤ渓谷周辺でガイドさんの一人が一緒に走っていた時だったので、渓谷を見に行っている間に彼女がパンクの修理をしてくれた。
ラッキー!
e0112632_1224252.jpg

ハイウェイ93の路肩はかなり傷んでいるので、MTBのように衝撃を吸収できないロードバイクにはちょっと走りにくい。
この日、私以外にもパンクした人がいて、彼の場合は危うく溝に落ちるところだったらしい。
危な~い!

71.2km走ったところで、最大の山場、峠越え(苦)。
峠の手前まですでに10kmほど上り坂が続き、痛い腰をだましだましがんばったけど、73.6km地点で残念無念のギブアップ。
これは76.3km地点から撮った写真。
e0112632_12254816.jpg

あんな遥か下からここまでで、まだ半分しか上っていない(苦)。
結局、急な上りが終わる81.8km地点までバンに乗せてもらった(泣)。
60歳のおじさんもがんばってるのに、自分が情けないなぁ・・・。
もっと体を鍛えなければ。

でも、ギブアップの理由は腰痛だけじゃなく、どうしても17:30からのアイス・エクスプローラー・ツアーに参加したかったから。
この写真のバスで厚さ350mの氷河の上へ行くことができるツアーで、面積325k㎡もの大氷原コロンビア・アイスフィールドを堪能できる。
e0112632_1226341.jpg

氷河の上で15分だけ歩きまわれるけど、ほとんどの人が寒すぎて早々にバスの中へ。
私は久しぶりに感じる冷たさを15分間十分堪能しました(笑)。
e0112632_122764.jpg

e0112632_12282450.jpg


③へつづく
[PR]
by bocce | 2007-09-10 23:18 | 旅行