英語が苦手な主婦のアメリカでの子育て奮闘記


by Bocce
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

痛いよ!

月曜に生まれて初めて2針縫われました。
今まで怪我とか多かったけど、さすがに縫わなきゃならないような大きな傷はなかったなぁ。
別に大きな怪我をしたわけではないので、心配しないで下さい。
2針なんで、傷自体は大きく無いです。
でも、かなり痛いんですけどね・・・(苦)。

数ヶ月前に親指に棘か何かが奥深く刺さってしまったようで、ちょっと痛いなぁと思ってました。
庭仕事をした後なので、きっとそれが原因だと思います。
そのうち魚の目みたいになってきて、何も触れなければ痛く無いけど、押されると痛い状態に。
ちょうど右の親指の関節近くなので、蓋とかキャップとか開けようとすると、かなり痛い。
魚の目の薬を買ってきて使ってみたり、ナイフで削ってみたりしたけど、どうにもならないので、ちょうどプライマリー・ドクターに診察してもらった時、ついでに見せて聞いてみました。

ところで、アメリカでは病院へ行く前にまずプライマリー・ドクターに相談して、その症状に合った病院を紹介してもらいます。
日本のように好きな病院を自由に選んで行ける訳じゃないんですね。

プライマリー・ドクターは「ずいぶん変なものができちゃったわね」みたいな感じで、病院を紹介してくれました。
ところが、紹介してくれた病院に電話すると、そういった治療はしないとのこと。
そこで、プライマリー・ドクターに電話して、別の病院を紹介して欲しいと伝言を残すと、まったく返事がない・・・。
私の英語が悪かったのかな?と旦那に頼んで電話してもらうと、Centra Care(セントラ・ケア)へ行くようにとの指示。
Centra CareはFlorida Hospital Urgent Care(フロリダ病院 緊急医療)で、予約無しで行けて、生命に関わらない怪我や病気に対応する病院です。
予約無しの飛び込みなので、当然かなり待たされます。

1時間半待ってやっと呼ばれて、医師に見せると「とりあえず切ってみましょう」と言うことに。
親指の患部に麻酔をされて、メスで切ってみるものの棘とかは見つからず。
結局、別の病院を紹介されることになりました。
切られていた時は血が沢山出ていたので患部が見えなかったけど、後で家に帰って見ると、切り口は浅かったです。
Deep(深い)って言ったのに、医師には通じなったのかな?

結局、後日電話をもらって皮膚科を紹介されて、その皮膚科の予約が取れたのが月曜日。
こんな小さなものを治療するのに3ヶ月もかかっちゃいました。
またもや親指に麻酔をされて、今度は筒状になったメスをくるくる回しながら患部を切断。
麻酔で感覚が無かったので、するするメスが指の中に入っていく様子は異様でした。
円柱に切れた患部を引っ張り出してはさみで切って、指にはぽっかり丸い穴が。
そこを2針縫われた訳です。
麻酔が効いてる間は痛みがなかったけど、麻酔が切れるとかなり痛い!
指を伸ばすと縫われた箇所が引っ張られて痛いので、常に関節を曲げてる状態。
現在、親指はパンパンに腫上っています。
日本だったら、普通、痛み止めが処方されたり、「今夜痛むわよ」とか注意があったりするけど、「1日2回は患部を洗ってください」との指示のみ。
アメリカは痛いとすぐに市販の痛み止めを飲む文化だから、わざわざ処方しないのかな?
2週間後に抜糸に行き、その時に切り取った患部に何があったかを教えてくれるそうです。

なんか、アメリカに来てから謎の症状で病院へ行くことが多くなった気がする・・・。
母に言わせると「あんたも歳なのよ」ってことらしいけど!?
[PR]
by bocce | 2008-03-26 13:08 | アメリカ生活