「ほっ」と。キャンペーン

英語が苦手な主婦のアメリカでの子育て奮闘記


by Bocce
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

カヤック

昨日の最高気温93F(34℃)。
6月初旬までは朝晩は少し涼しかったのに、最近は朝からかなり暑くて、本格的な夏の到来を感じる。
もう、ハイキングもマウンテンバイクも暑くて楽しむどころではない・・・。
そこで、ついにカヤックを買いました!

e0112632_345329.jpg


本格的にカヤックをやっている友達からは、かなり馬鹿にされそうな”おもちゃカヤック”だけど、近所の湖でちょっと遊ぶには十分。
まだ、自分がどこまでカヤックにはまるか分からないので、とりあえずこのレベルからスタートしようと思う。

週末、旦那とカヤックを買いに行って、二人乗りを買うか一人乗りを2台買うか悩んで店員に相談したところ、一人乗りの方を薦められた。
二人乗りは二人の体力と運動量が同じじゃないと難しいそう。
チームワークも重要なので、よっぽどでない限りケンカの元になるらしい(苦笑)。
旦那の車に2台積むのは難しいので、とりあえず1台買って交代で使ってみることに。

家から一番近い湖まで徒歩で5分。
旦那と二人で運ぶが、結構重い・・・。
専用カートを買う必要があるかも。

外は暑いけど、湖の上はいくぶんマシな感じ。
湖の上は水上スクーターやボートなどで楽しむ人が何人かいた。
久しぶりにカヤックをしたので、ちょっと腕が痛くなったが、なかなか楽しい。
カヤックは新しい趣味のひとつになるかな!?

e0112632_422089.jpg

[PR]
by bocce | 2007-06-25 15:02 | アウトドア

パピーの成長

パピーのRちゃんは6ヶ月になりました。

e0112632_657355.jpg


成長が早くて、すでに16歳のBちゃんより少し大きい。
しかも、まだまだ大きくなりそう。

5ヶ月ぐらいの時に色々変化があって面白かった。
まず、歯が生え変わった。
それからマーキングをし始めた。
教わった訳でもないのに、ちゃんとマーキングしているのは不思議。
こうやって、どんどん成長していくんだなぁとしみじみ思う。

人間で言うと今は小学生くらいの歳らしい。
まだまだやんちゃで、先日新しいカーペットを噛んで駄目にして、旦那にこっぴどく怒られていた(苦笑)。
反抗期ってやつかしら?
[PR]
by bocce | 2007-06-22 17:55 | 愛犬
アメリカ移民2年目で主婦である私にとって、アメリカでクレジットカードを作るというのは困難なことである。
日本は簡単にクレジットカードが作れて、最初から限度額が30万円ぐらいだったりする。
しかし、アメリカではそうはいかない・・・。

アメリカではクレジットカードを作るにも、ローンを組むにも、クレジットヒストリー(信用履歴)がないと難しい。
クレジットヒストリーはソーシャル・セキュリティ・ナンバー(以下SSN。和訳:社会保障番号)と紐付いていて、クレジットカードやローンなどの支払い状況が記録されている。
なので、SSN取得時にはクレジットヒストリーは白紙状態。
そして、クレジットヒストリーを元にクレジットスコア(信用度)が算出される。
クレジットカードやローンなど、毎月期日に遅れることなく払い続けるとクレジットスコアは上がって行き、数字が大きければ大きい程その人は信用があるということになる。
クレジットスコアが低いとローンを組むときの金利も高くなる。

1年前、Macy's(メイシーズ)というデパートで買い物をしていた時に、店員からMacy'sのクレジットカード(以下Macy's Card)を作ることを薦められた。
Macy's Cardでお買い物をすれば、会員割引がきいて安くなるというのだ。
セール価格からさらに15~25%引きになるというので、申し込んでみると却下された!
当時、クレジットヒストリーやクレジットスコアについて、なんの知識もなかったので、却下されたことにものすごく驚いた。

私が普段使っているクレジットカードは旦那の家族カードなので、私のクレジットヒストリーは構築されない。
去年、私名義の銀行口座を開いて、その銀行のクレジットカードを作った。
月々の限度額はたったの$500。
毎月ちゃんと期限内に支払って、少しずつ限度額をあげてもらうしかないらしい。

先日、旦那とMacy'sでお買い物している時に、Macy's Cardを申し込んでみると今度は簡単に許可された!
銀行のクレジットカードで、地道にクレジットヒストリーを構築してるおかげかなぁ?
全品15%オフになるというので、早速お買い物してみると、店員に支払いできないと言われた!
え?どういうこと!?
なんと、私のMacy's Cardは限度額が$100。
そんなの、あり!?
やっぱり私のクレジットスコアはめちゃくちゃ低いらしい・・・。
何ヶ月か期日内に支払いを続けて、電話で限度額を上げてもらう交渉をするしかないそうだ。
その時電話応対をしたスタッフがいい人なら、限度額を上げてもらえるという・・・。

やっぱりアメリカでクレジットカードを作るのは、一筋縄ではいかないらしい(苦)。
[PR]
by bocce | 2007-06-19 16:58 | アメリカ生活
6月10日(日)~ 12日(火) マイアミ旅行

両親のフロリダ旅行日程が急に決まり、苦労したのはマイアミのホテルの予約。
今回の滞在中に2泊3日でマイアミ旅行をすることになっており、泊まりたいホテルも決まっていた。
両親の航空券が取れて、すぐにインターネットで予約しようとしたが、週末は満室。
他のホテルも同様で、空いてるのはビーチから離れたホテルのみ。
希望のサウスビーチのホテルで予約が取れるのはこの日程だけだった。
せめて1ヶ月前ならもっと簡単なのに・・・。
旦那はこの日程なら有休が取れるというので、予約を取った。

日曜朝7時出発で、まずはThe Morikami Museum and Japanese Gardens(森上博物館と日本庭園)へ向かう。
この日本庭園は日本を除く世界で一番大きい日本庭園だそうだ。
e0112632_1375190.jpg

この土地は20世紀初頭に日本人の若者達が「大和村」を築き農業をした場所で、森上助次氏が公園として保存されることを願い、パームビーチ郡に寄贈した。
日本庭園はフロリダの植物を使っているものの、ちゃんと日本庭園に見えるから不思議だ。
植木の刈り込み方や配置などで日本らしさは表現できるようだ。
広い庭園は見ごたえ十分で、大和村で暮らしていた日本人の歴史も興味深い。
日本から遠く離れたフロリダで、30年も日本の伝統と文化を伝え続けている貴重な場所だ。

ランチをDelray Beach(デルレイビーチ)でとり、一路マイアミへ。
両親はビーチリゾートへ行ったことがないので、マイアミビーチの美しさに驚いていた。
マイアミビーチは両親が今まで行ったどのビーチより綺麗だそうだ。
e0112632_1433620.jpg


夜はアールデコ地区のレストランへ。
e0112632_1391118.jpg

両親は1930年代にこんなモダンな建物が沢山建築されていることに驚いていた。
そして、ここを訪れる人の多さにも。

翌日はビーチでのんびり。
e0112632_1443441.jpg

両親はのんびりすることに慣れていないので、退屈するかな?と思っていたけど、かなりのんびりすることを楽しんでいた。

夕方からKey Biscayne(キービスケーン)にドライブへ。
この島に渡る橋からマイアミのダウンタウンが一望できる。
e0112632_1404067.jpg

ダウンタウンは建築ラッシュで、高いビルをいくつも建築している。
「上海みたいだね」というのが両親の感想。
マイアミは両親が思っていた以上に都会で、人の多さにびっくりしていた。

最終日、ホテルのチェックアウトは12時なので、私はプールサイドでのんびり読書。
e0112632_1422212.jpg

両親は部屋でゆっくりしたいとのことで、朝食も部屋に持って行って食べた。
2週間の旅も終わりに近づいて、疲れてきたのかな?
旦那は運動不足解消の為、ビーチをジョギング。
チェックアウト後はPalm Beach(パームビーチ)に寄り、豪邸を眺めながらのドライブを楽しんだ。


6月13日(水) 帰国

朝7時15分の飛行機なので、早朝に起きて空港へ送っていく。
平日の早朝なのに、空港の駐車場はかなり埋まっていた。
国際線のチェックインはちょっと混んでいたものの、割とスムーズに行って両親と別れた。
アトランタ行きの飛行機は定刻どおりに離陸し、アトランタでも日本行きは定刻どおり離陸予定で飛行機に乗り込んだ。
しかし、飛行機に問題が見つかり、乗ったまま待つこと2時間。
去年の5時間遅れよりはましだが、今年もまた飛行機が遅れたそうだ。
滅多に飛行機に乗らないのに、乗った飛行機が毎回遅れるのはついてないねぇ。
なにはともあれ、無事に日本に着いたので、一安心。

今回は私が週3日整形外科に通っていたので、あんまり色々連れて行ってあげられなかったのが心苦しかったけど、両親にしてみればむち打ち症の娘を助けてあげようって気持ちで来たからかまわないとのこと。
本当に両親には感謝してます。
ペンキを塗る以外にも1日3回の犬の散歩や、植木の水やり、庭の雑草取り、家の掃除などなど色々手伝ってもらって、本当に助かりました。
また来年も遊び(手伝い?)に来てね(笑)。
[PR]
by bocce | 2007-06-16 12:33 | 家族
6月4日(月) ショッピング

まずはお約束のアウトレットモールへ。
去年は初めての長期海外旅行というのもあって、親戚や友達からお餞別までもらったので、お土産買いが大変だった。
しかし、今年はあんまり買わないそうだ。
孫にお土産を買うから、息子(兄)と嫁にはお土産は買わないと言っていたのに、やっぱり買っていた(苦笑)。
でも、娘(妹)には買わなかったのはなんでかな?

アメリカには余剰在庫品を安く売る店がある。
そのひとつであるMarshalls(マーシャルズ)にも連れて行った。
アウトレットモールより安い掘り出し物がみつかることもしばしばで、ここでも数点お買上。

父が持参してきた2Lの焼酎がもう少しでなくなるというので、Total Wine(トータル ワイン)へ寄った。
日本酒、にごり酒、梅酒が売ってるものの、焼酎は無し。
仕方ないので日本酒を買って帰ることに。
この巨大な酒屋に両親はびっくり。


6月5日(火)~ 7日(木)ペンキ塗り

先週に引き続き、TrimとBaseboardのペンキ塗り。
アメリカの古い家はペンキを塗る箇所が多い。
日本で塗装業の父を羨ましがられたことはなかったけど、アメリカでは必ず「いいなぁ」と言われる。
日本の高度成長期をささえた日本人は本当に働き者だと感心した。
両親は休むことなく働き続ける。
今日は早めに止めにしようと切り上げても、ビール1杯飲んだ後に庭の雑草取り(苦)。
むち打ち症で週3日整形外科に通い続けている娘を、少しでも助けようというありがたい親心にはもちろん感謝してます。

合間にCostco(コストコ)やWalmart(ウォルマート)へ連れて行き、両親はアメリカの品数の多さ、量の多さ、店やカートの大きさに驚いていた。

7日の夜はお向かいのTさんを招いての日本食パーティ。
Tさんは子供の頃と大学生の頃に日本に住んでいたことがあり、大の日本好きだ。
奥さんと娘さんは3週間のサマーキャンプに行ってしまったので、息子さんと二人で来た。
Tさんの日本語の堪能さや箸の使い方の綺麗さに両親びっくり。
食後はTさんのお父さんの代からの日本の骨董品コレクションを見せてもらいに、Tさんの家へ。
Tさんのお父さんは日本在住中にかなりの骨董品を買ったそうだ。
当時、日本の骨董品は結構安かったらしい。
円もかなり安かったしなぁ。
「なんでも鑑定団」が大好きな父は、少しは骨董品の価値が分かっているらしく、「すごい、これは貴重だぁ」とかなり喜んでいた。
Tさんは今でも副業で日本に年1回は行くので、彼の骨董品コレクションは増え続けているそうだ。


6月8日(金) Wekiwa Springs

フロリダには数々のテーマパークがあるけど、両親はあまり興味がないらしい。
それより自然の方がいいというので、Wekiwa Springs State Park(ワカイバ スプリングス州立公園)へ。
ハイキングした後、持参したおにぎりでピクニックランチを楽しんだ。

午後はMorse Museum(モールス美術館)へ。
去年も行ったけど、両親はこの美術館が気に入っているようで、もう一度見たいというので。
私も何度も行っているけど、やっぱり良いものは良い。

そして、この日のメインイベントはスペースシャトルの打ち上げ!
方角的にちょうどDog Parkからなら良く見えるに違いないと、犬も一緒に打ち上げ見学。
お天気もよく、雲は少なかったので、打ち上げが良く見えた。
去年、両親をケネディ宇宙センターに連れて行ったので、両親は初めてじかに見る打ち上げに感動もひとしおだったよう。
両親はこんなに良く見えると思っていなかったようで、カメラを持ってこなかった為、残念ながら写真はなし。


6月9日(土) のんびり

朝はお決まりのファーマーズ・マーケット。
日本では買えない野菜や果物を中心に沢山買い込む。

翌日からマイアミ旅行なので、朝食の後は母と二人でネイルサロンへ。
実は母にとっては初めてのネイルサロン。
「この歳になって初めてやることが多いわ」と言っていた。
私達がネイルサロンでまったりしていた頃、父はまたペンキを塗っていた(苦)。

午後は4人でHouston(ヒューストン)で湖を眺めながらのんびりランチ。
「日本でこんなレストランないわよね」と母は楽しんでいた。
ランチの後はドライブを楽しみ、のんびりすごした。


③へつづく
[PR]
by bocce | 2007-06-15 19:08 | 家族
結局、両親滞在中に一度もブログの更新が出来ませんでした~。
去年と同じく2週間分をダイジェスト版でお贈りします。

ちなみに去年のブログはこちら。
両親のアメリカ珍道中<アトランタ編>
両親のアメリカ珍道中<フロリダ編 1>
両親のアメリカ珍道中<フロリダ編 2>

5月29日(火) 到着

去年、アトランタの空港でちょっとトラブルがあったけど、今年もありました!
アトランタでの乗換えで、フロリダ行きの飛行機が遅れて2回も搭乗ゲートが変更されるハプニングに見舞われたそう。
しかもターミナルまで変更になって、英語が話せない両親にはさぞかし大変だったと思う。
でも、英語が話せないなりに、搭乗ゲートの係員に航空券を見せて「OK?」の一言で乗り切ったそう(笑)。
やればなんとかなるものだね。


5月30日(水) ルーガーデンズとホームパーティ

おにぎりを持ってルーガーデンズへピクニックランチ。
木陰で湖を眺めながら食べるランチは格別で、ランチの後は公園内をお散歩。あまりに広い庭園と見たこともない植物に両親はびっくりしてた。
この庭園を市に寄付したルー氏が住んでいた家が博物館になっていて、その見学ツアーにも参加。
たまたまツアー客は私達3人だけだったので、ガイドさんの説明を両親に訳す時間ももらえて、のんびり見学できたのはラッキーだった。
帰りに韓国スーパーマーケットに寄って、日本の食材を買い、ホームパーティの準備。
たまたま友達のEちゃんの叔父さんが日本から遊びに来ていて、山好き酒好きの叔父さんと父は話が合うに違いないと、家に招待。
叔父さんと両親の会話も弾み、父は持参の焼酎を沢山飲んで上機嫌でした。


5月31日(木)~ 6月2日(土) ペンキ塗り

去年に引き続き、今年もプロフェッショナルの父にペンキ塗りをお願いしちゃいました。
今回お願いしたのはTrim(窓枠・戸などの木造部)とBaseboard(幅木)のペンキ塗り。
これが思ったよりかなり大変な作業。
うちは古い家なので、過去に何人ものオーナーがいて、それぞれのオーナーがそれぞれのやり方でペンキを塗っている為に、油性のペンキで塗られているTrimと水性のペンキで塗られているTrimがある。
油性の上に水性を塗ると当然ペンキが剥げる(逆もまた同じ)。
しかし、油性と水性のどちらのペンキで塗ってあるかは、乾いてしまうとわからなくなるそう。
なので、ペンキ剥げ防止の為に、Primer(プライマー)を下地に塗らなくてはならない。
ペンキが古くなって剥げ易くなっている部分があるので、まずはその部分を剥がす作業から開始した。
面白いようにペラペラはがれる部分とそうで無い部分があるので、この作業はかなり大変だった。
また、ペンキが剥がれた部分とそうで無い部分は色が違うので、新しいペンキは3回塗らないとその違いを隠すことは出来ない・・・。
こんな大変な作業をお願いしちゃってごめんね~。
しかし、TrimとBaseboardを塗りなおすだけで、部屋が見違えるほど綺麗になった。


6月3日(日) 日帰り旅行

去年は大西洋側のビーチに連れて行ったので、今年はメキシコ湾側のビーチへ。
ビーチとハイキングの両方が楽しめるCaladesi Island State Park(カラデシ島 州立公園)で、両親は何十年ぶりのビーチを楽しんだ。
メキシコ湾側は波が穏やかで、貝殻が多いのが特徴。
両親は思った以上に貝殻拾いを楽しんでいた。
来年は貝殻で有名なSanibel Island(サニベル島)へ連れて行ってあげようかな。
フロリダ特有の椰子の木を見ながらのハイキングも楽しんで島を後にした。
e0112632_86339.jpg


それから、ギリシャ街のTarpon Springs(ターパン スプリングス)へ寄ってちょっと観光し、お約束のスポンジも買って、帰路についた。

②へつづく
[PR]
by bocce | 2007-06-15 19:00 | 家族