英語が苦手な主婦のアメリカでの子育て奮闘記


by Bocce
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ありがとう。Bちゃん

7月24日21時。
Bちゃんは永眠しました。
16歳8ヶ月。
旦那、私、獣医の誰も予期しない突然の出来事でした。

1週間ほど前からBちゃんの咳が始まり、先週、獣医の診察も受け、原因が分からないまま咳がひどくなってきたので、検査入院。
まさか、そのままBちゃんが家に帰ってこれなくなるとは思ってもみませんでした。
入院した日の夜、獣医から電話ですぐに病院に来て欲しいと連絡があり、駆けつけたときには、呼吸器でかろうじて呼吸できる状態。
本当は私達が着く前に逝ってしまいそうだったので、獣医は強心剤を2本も打って、私達がBちゃんと最後のお別れを出来るようにしてくれていました。

あまりにも突然のお別れに、様々な後悔が襲ってきます。
もっと早く病院に連れて行っていればよかったんじゃないか・・・。
最後に嫌いな病院で長時間ひとりぼっちにしてしまって、寂しかったんじゃないか・・・。
最近、子犬ばっかりかまっていて、Bちゃんのことをおろそかにしていたんじゃないか・・・。


上海、フロリダと初めての土地に引越して、とまどう私を元気付けてくれたのはBちゃんでした。
フロリダに引越したとき、Bちゃんは長旅ですっかり弱ってしまい、そんなBちゃんに「今、Bちゃんがいなくなったらマミーは絶対耐えられないから、がんばってね。」とよく言っていました。
Bちゃんはそんな私の言葉に応えてくれていたのかもしれません。
私がフロリダに慣れてきて、子犬のRちゃんも家族に馴染んできて、そろそろ休んでもいいかなと思ったのかもしれません。

Bちゃん、いままでがんばってくれて本当にありがとう。
愛情と信頼と幸福をくれてありがとう。
Bちゃんが今、安らかなことを願います。

e0112632_10222573.jpg

[PR]
by bocce | 2007-07-26 21:22 | 愛犬

クローゼットの修理

前のオーナーがやった数々の家改善(家破壊?)の中に、「屋根裏部屋をクローゼットに作り変えた」というのがある。
古い家はクローゼットがものすごく小さいので、その発想は決して悪くない。
しかし、彼の日曜大工の腕は最悪・・・。
壁をぶち壊して、クローゼット用のドアを取り付けてあるが、ドア枠はないし、ドアもちゃんと閉まらない。
クローゼットの中が異常に暑いので、部屋の冷房がなかなか効かない。
この家を買った当時から、このクローゼットは絶対直す!と心に決めて、いよいよそのプロジェクトに乗り出した!

修理するには、まず彼のやったすべてを壊すことから始まる。
相変わらず、接着剤とネジクギのオンパレード。
クローゼットの中の壁は、信じられないことに接着剤とテープで固定されていた!
その稚拙な作りに、「どうして買う前に、これに気付かなかったんだろう・・・。」と気付かずに家を購入した自分が情けなくなってくる旦那・・・。
でも、家の下見の時にクローゼットの中までのぞかないしねぇ。

断熱材が入っていないクローゼットの中は蒸し風呂のよう。
大汗かきながら、旦那と私は着々と作業を進めていった。
つくづく、うちの旦那は働き者だなぁと思う。
怠けるとか休むとかしないし。
「手伝ってくれてありがとう。」と言って私に対する気遣いも忘れない。
う~ん、見習わなくちゃね。

とにかく、大方壊すことは完了した。
また、ものすごい量のゴミがでたから、ゴミ収集の作業員に嫌われそう・・・。

e0112632_6281610.jpg


今後は、屋根裏部屋に断熱材を入れて、クローゼットの床を取り付け、壁と天井を張り替えて、ドア枠をつけて、ドアも付け直す・・・。
これから毎週末、しばらくクローゼットにかかりっきりになるなぁ(苦)。
[PR]
by bocce | 2007-07-22 22:00 | ハウス・プロジェクト
ジョージア・ピーチの美味しい季節。
地方紙でピーチ・ブルーベリー・パイのレシピが載っていて、美味しそうだったので初チャレンジしてみました。

日本のパイ生地のレシピは、きれいな層を作る為に、生地をめん棒でのばして折りたたんでを4回ぐらい繰り返すので、ちょっと面倒くさい。
しかし、アメリカのレシピは簡単。
生地を作ったら、冷蔵庫で1時間ほど寝かせて、めん棒でのばす作業は1回のみ。

アメリカのレシピは量が半端じゃない。
3ポンド(1.3kg)以上のピーチが必要なので、ファーマーズ・マーケットで2山購入。
大き目のピーチが8個も必要で、ブルーベリーは1カップ。
日本は果物が高いから、日本でこんな贅沢パイは作れないな・・・。

e0112632_5461922.jpg


砂糖控えめに作ったので、美味しかったです。
(アメリカのレシピ通りに砂糖を入れると甘すぎ~。)
次回はチェリー・パイにチャレンジしたいな。
[PR]
by bocce | 2007-07-21 22:00 | 料理

テレビドラマのDVD

アメリカのテレビドラマのDVDは安い。
定価でも$60ぐらいだし、セールで$30ぐらいになったりもする。
旦那は毎週同じ時間にテレビドラマを見ることが出来ない人なので、好きなときに好きな分だけ続きがみれるDVDはとっても重宝する。
それに、耳が不自由な人の為の英語の字幕があるので、英語が聞き取れなくてある意味耳が不自由な私にはとても便利だ。
平日の夜はなかなか2時間の映画を見るのは大変だが、テレビドラマなら気軽に見れるし。

また、パッケージがコンパクトでいい。

e0112632_6372029.jpg


日本はDVD1枚1枚を丁寧にケースに入れているので、テレビドラマのDVDはかなり場所をくうので困る。

私の好きなテレビドラマは

24
Sex and the city
Ally Mcbeal
Dark Angel (シーズン1のみ)

で、あまりアメリカのテレビドラマには詳しくない。

先日、LOST(ロスト)のシーズン2を見終わってしまった。
このドラマ、初めは面白かったが、だんだん話に収拾がつかなくなってきている気がする。
一応、シーズン3が出たら買おうとは思うけど。

次はどのテレビドラマを見ようかな?
皆さんのお薦めを教えてくださ~い。
[PR]
by bocce | 2007-07-18 17:54 | アメリカ生活

水上スキーに挑戦!

旦那は昔ボートを持っていて、水上スキーを楽しんでいた。
昔はボートも安く、湖の前の立体駐船場(?)も安く借りられたらしい。

フロリダに引越すことが決まったとき、フロリダの不動産事情を知らなかった旦那は、湖の前の家に住んで、再び水上スキーを楽しもうと夢描いた。
しかし、フロリダはここ数年で不動産が高騰し、10年前と比べると3倍もの値段に。
湖の前に住めるのは大金持ちだけになってしまった。
住むのが無理なら、せめてボートを持っている友達が欲しい・・・。
旦那の切なる願いが、やっと叶えられた!

近所に住むBさん夫婦に初めて会ったのは、去年開催された近所のクリスマス・パーティ。
Bさんは日本が大好きで、何度も日本に旅行に行ったことがあるという。
彼女は湖の前の素敵な家に住んでいて、「いつでも家に遊びに来てね。」と言われたが、なかなか「はい、そうですか。」と遊びに行けないシャイな日本人の私・・・。
恐らく50代と思われるBさんは、とてもアクティブで、ジョギングしている姿をよく見かける。
いつも颯爽としていて、お洒落で、ああいう風に歳をとりたいなと憧れる存在だ。
友達になりたいなと思いつつ、道ですれ違う度に挨拶する程度の仲にはなってきた。

先日、Bさんの犬がうちの子犬のRちゃんにちょっとだけ噛み付くというアクシデントがあって、それを申し訳なく思ったのか、それとも日に3度も犬と散歩している私をアクティブだと思ったのか、「あなたと旦那さんは水上スキーをやるかしら?」と聞かれた。
これはチャンス!と思い、「旦那は水上スキーが大好きです!」と答えると、「じゃ、今度一緒にやりましょう。」ということに!

9年ぶりの水上スキーに緊張する旦那と、タイで観光客向けの水上スキーに挑戦して大敗した過去を持つ私。
果たして、私達はBさんのいい水上スキー友達になれるだろうか?

まずは旦那からやることに。
一応、経験者ということで、スキーは1本。
1回目は失敗したが、経験者の意地で2回目は成功させた。
ちょっとぎこちないものの、すぐに感覚を取り戻したようだ。

そして、次は私の番。
タイでは一度も立ち上がれなかったので、かなり不安だったが、Bさんの適切な指導と補助のおかげで、4回目で成功した!

e0112632_3223558.jpg


写真を見ると、かなりへっぴり腰だけど、ま、初心者ということで。
初心者の私はもちろん2本のスキーをはいたが、体がスノーボードに慣れてしまっているので、2本のスキーをどうコントロールするのかが難しかった。
気を抜くと、両足が開いちゃうし(苦)。

次にBさんの番。
Bさんも、もちろんスキーは1本。
3秒で立ち上がり、楽に水上スキーをコントロールする姿は優雅そのもの。
すごい、かっこいい~。

旦那は自前の水上ボード(?)もやらせてもらい、ちっちゃいながらもジャンプを決めました。

e0112632_329222.jpg


私も慣れてきたら水上ボードをやりたいなぁ。
感覚的にはスノーボードに近そうだし。

最後に私がもう一度水上スキーをやらせてもらい、今度は補助なしで立ち上がれた!
やった、よかった!
初心者にしてはまずまずの出来栄え。
感覚を忘れる前に、また誘ってもらえるといいなぁ。

水上スキーは48時間後にものすごい筋肉痛が来るらしい(特に初心者は!)。
すでに両肩と両腕がだるいけど、火曜は動けなくなってるかもしれない・・・(苦)。
[PR]
by bocce | 2007-07-15 22:00 | アウトドア

シーワールド・デビュー

テーマパーク王国、フロリダ。
多くの観光客が、様々なテーマパーク目当てに訪れるのに、住んでいる私はほとんど行ったことがない。
乗り気じゃない旦那を説き伏せて、やっとシーワールド・デビューしてきました。

シーワールドには1日券と同額でその年の12/31まで有効のファンカードというのがある。
あと半年で何回来るか分からないけど、ファンカードを購入した。


私の最大の目的はシャチのショー。
シーワールドの売りになっているショーで、会場もかなり大きい。
巨大なシャチが立ち泳ぎしたり、ジャンプしたり、バク転したりして、すごい~。
シャチ使い(?)の人との呼吸もぴったりで、ああいう仕事もいいなぁなんて思った(笑)。
大興奮で写真を撮りまくったけど、ジャンプのタイミングにうまくあわせて撮るのは難しい。
変な写真いっぱいで、これは結構よく撮れた方。

e0112632_3264215.jpg


鴨川シーワールドへ行ったことがあるけど、アメリカのショーの方が演出が凝っていて面白かった。
(でも、鴨川シーワールドもシャチキスができる点ではお薦め。)


鯨とイルカのショーも面白かった。
イルカはシャチよりスピードが速いので、写真を撮るのが大変。
ショーのラストで5頭のイルカが一緒にジャンプするのは壮観だったけど、写真は撮れず。
これはイルカ水上スキーの写真。
やってみたいなぁ~。

e0112632_346250.jpg



シーワールドではイルカ、アシカ、サメ、エイなどにえさをあげられるスポットがある。
このえさ、結構高いんだけど、イルカにえさをあげるのは大人気で長蛇の列。
あんまり列が長いので、えさは買わなかったけど、結構間近でイルカを見れて、ちょこっと触れたのでラッキー!
イルカって、なんでこんなにかわいいんだろう。

e0112632_3573569.jpg



巨大なジェットコースターと水上コースターは待ち時間1時間だったので、今回はパス。
ま、ファンカード買ったから、また来れるし。
次回は夜に来て、夜のシャチのショーと花火が見たいな。
[PR]
by bocce | 2007-07-10 15:06 | アメリカ生活

2日早い七夕

先週末、裏庭の茂りすぎた竹を切りながら、ふと友達と七夕のお祝いをしようと考え付いた。
せっかく裏庭に竹があるんだし、使わない手はない。

急な誘いにもかかわらず、5人の友達が来てくれて、ポットラック・ランチパーティを楽しんだ後、皆で七夕の飾り作り。
イベント好きな私も、さすがに七夕の飾りを作るのはか~な~り久しぶり。
インターネットで飾りの作り方などを調べつつ、折り紙で色々な飾りを作った。
友達の一人が「たなばたセット」なる物を持っていて、大活躍だった。
久しぶりに小学生気分に戻って、折り紙を折ったり切ったり貼り付けたり(笑)。

皆が一番真剣になったのは、短冊書きかも。
皆、どんなお願いを書こうか、割と真剣に考えていた(笑)。
既婚者ばかりなので、家族の健康を幸福を願う短冊が一番多かった。
やっぱり家族が一番大切よね。

こんな素敵な七夕の飾りが出来ました~。

e0112632_10254149.jpg

[PR]
by bocce | 2007-07-05 21:25 | 日本行事

独立記念日

7月4日は独立記念日で祝日。
この日はあちこちでイベントがあり、家族や友達とバーベキュー・パーティでお祝いするのが一般的だ。
午前中は近所のイベントに参加してきた。

e0112632_9471666.jpg


中央公園のステージではバンドやダンスなど色々な催し物があり、無料でホットドッグ、ポテトチップス、スイカ、レモネード、風船、小さな国旗などが配られる。
9時からパレードもあったようだが、知らなかったので残念ながら見逃してしまった。
着いたときにはちょうどパレードが終わった後。
パレードに参加していた人々はアメリカの国旗の色である赤・白・紺で着飾り、犬もこんな感じで着飾っていた。

e0112632_9535830.jpg


さすがに自分の犬にはやりたくないが、アメリカ人の遊び心は楽しくていいなぁと思う。
来年はパレードに参加してみたいな。


午後は友達のバーベキュー・パーティに招待されたので行ってきた。
去年は旦那と二人だけだったけど、今年はパーティに呼んでくれる友達ができて、本当に嬉しい。
旦那様がグリルでハンバーグとホットドッグを焼いてくれて、ハンバーガーをご馳走になった。
他にも茶碗蒸しや巻き寿司など色々なご馳走があり、お腹いっぱい。
食べることに夢中になって、写真を撮るのを忘れてしまったのが残念。
楽しい時間は経つのが早くて、あっという間に7時間も経ってしまった。
Cさん、誘ってくれて本当にありがとう!


夜は花火でお祝いするのが一般的で、あちこちで花火の音が聞こえる。
今日は生憎のお天気なので、旦那と私はお家でリラックスなんだけど、花火の音がすごいので、ちょっと気になる~。
まだアメリカで花火を買ったことがないので、来年はぜひやってみたいな。
[PR]
by bocce | 2007-07-04 21:25 | アメリカ生活