英語が苦手な主婦のアメリカでの子育て奮闘記


by Bocce
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

和食でダイエット

カナダ旅行中、かなり高カロリーの食事ばかりしていたので、旦那が「これ以上太ったらヤバイ。帰ったらダイエットだ!」宣言をした。

アメリカに引越してきて1年半。
その間、旦那は2kg太ったらしい。
「2kgぐらいどうってことないじゃん」と、3kg太った私は思っていたが、旦那に「3kgも太ったのか? それはかなりヤバイだろう?」と言われてちょっと反省・・・。
確かに半年で1kgずつ太っているのは、かなりマズイかもしれない。
日本ではいていたスカートも入らなくなったし・・・。

あんまりストイックなダイエットをすると、反動が怖いので、平日は低カロリーメニューで週末は何を食べてもいいと言う、かなり甘いルールでスタート。
「低カロリーといえば、やっぱり和食でしょう」ということで、和食中心の生活に。

しかし、和食って下準備とか調理に時間がかかる割りに、あんまり見た目がパッとした料理ではないと思う。
副菜1品、主菜1品、ご飯だけだと、どうも寂しい夕飯だ。
旦那は同じものを翌日も食べるのは嫌がるので、前日の残り物で品数を増やすことも出来ないし。
かといって、もう1品作るのは、時間がかかって私が嫌だし(苦笑)。
洋食の方が、簡単で見た目が華やかで、楽でいいなぁ~。

ま、見た目はパッとしなくても、やっぱり和食はおいしいので、しばらく「和食でダイエット」を続けようとは思うけど。

さて、その効果はというと、3週間で1kg減りました(笑)。
[PR]
by bocce | 2007-09-29 14:56 | アメリカ生活

初恋

子犬のRちゃんは9ヶ月になりました!
e0112632_4144561.jpg


先日、ドッグパークでに落ちてしまったRちゃん。
お相手は1歳半のシベリアンハスキー。

Rちゃんはシベリアンハスキーと遊ぶのが好きで、ドッグパークでシベリアンハスキーを見かけると、いつも遊んでいた。
シベリアンハスキーはRちゃんの倍の大きさで、かなり荒っぽい遊び方をするので、見ていてこっちがハラハラするが、その荒っぽさがRちゃんのお気に入りらしい。
しかし、今回は様子がちょっと違う・・・?
必死になって乗っかろうとしているRちゃん・・・(苦)。

あんたみたいな年下のおちびさんはお断りよ!
と彼女が思ったかどうかは定かでないが、まったく相手にしてもらえないRちゃん。
見かねた旦那に引き離されて、遠くへ連れて行かれても、すぐに彼女の元に走っていく。
何度引き離しても駄目なので、とうとう家へ強制退去に。

帰りの車の中で、今まで聞いた事もないような切ない声で鳴き続けるRちゃんでした。
彼の恋が実る日は来るのでしょうか?
[PR]
by bocce | 2007-09-26 15:30 | 愛犬
<8日目> 曇り・雨・晴れ
さて、バイクツアーも終わり、いよいよ念願のハイキング!
しかし、寒かったし体力的にもキツかったので、風邪をひいてしまいました(苦)。
喉は痛いし、鼻は出るし、微熱もあるので、短いハイキングにしようねとレイク・ルイーズへ。
元気だったらモレーン・レイクからのトレイルを歩きたかったんだけどね・・・。

平坦なLakeshore Trailを歩いていると、あちこちでシマリスを見かけた。
観光客慣れしていて、餌を頂戴とばかりに愛想を振りまいている。
e0112632_3341977.jpg


Plain of the Six Glaciers Trailまでくると、さすがに観光客は減ってきた。
e0112632_338153.jpg


朝から曇り空で寒かったので、途中のティーハウスで暖かい紅茶を飲んだ。ほぉっ。
e0112632_335101.jpg


氷河に近づいてくると、段々雲行きが怪しくなり、突然の雨(苦)。
e0112632_3372689.jpg


しかし、ティーハウスへ戻る頃には晴天に(笑)!
天気も良くなり、景色も綺麗なので、調子に乗ってHighline Trailを歩いてBig Beehive(2,270m)へ。
ここからレイク・ルイーズが見下ろせて、素晴らしい景色。
湖の色がまたなんとも言えず綺麗~。
e0112632_3354519.jpg


しかし、私の左目のコンタクトレンズの調子がおかしくて、痛くて目を開けていられない状態になってしまった(苦)。
メガネはホテルに置いてきてしまったので、コンタクトを外すわけにもいかないし・・・。
目が痛いよ~と言いながら、とにかく山を降りなくちゃならない。
レイク・アグネスのティーハウスで一休みして、左目のコンタクトを外した。
ちなみに、ここのティーハウスのハーブティはとてもおいしくてお薦めです。
e0112632_3364218.jpg


痛いのにがまんしてコンタクトをつけていたので、目は真っ赤に充血して、ものすごいことに!
視界が霞んでよく見えないし、ホテルに戻ってから激痛でのた打ち回る羽目に・・・。
山頂ですぐに外せばよかったと、ものすごく後悔しました。
フロリダに戻ってからすぐに眼科へ行ったら、ウィルスが目に入ったとのことで、完治に2週間かかりました。
ブログ更新が遅れた理由のひとつはこれです。パソコン見ると目が痛くて(苦笑)。
もう治ったけどね。


<9日目> 曇り
風邪はひいてるし、目は痛いし、頭痛がひどくて最悪の状態(苦)。
山登りは無理だから、ドライブしようと言うことで、ヨーホー国立公園へ。
左目は充血したままで、少しの光でもめちゃくちゃ眩しく感じられて激痛が走る。
目を閉じても眩しいので、ハンカチで左目を押さえ続ける変な人に(苦笑)。

カナダ第2の落差(380m)の滝、タカカ・フォールズを見て、少しハイキングしようとしたけど、やっぱり目が痛くて無理・・・。
e0112632_3383459.jpg


エメラルド・レイクへ行き、素敵なロッジのレストランで早めのランチを食べた。
エメラルド・レイクはその名の通りエメラルド色の湖で、山々に囲まれていてとても素敵な所。
e0112632_3385850.jpg


レストランではウェディング・プランナーがオーナーと結婚式の打ち合わせをしていた。
こんな素敵な場所で結婚式っていいなぁ。
また来ることがあったら、次回はここのロッジに泊まってみたい。
すっかりくつろいで、気分も良くなってきたので、湖の周りの5kmのハイキングトレイルを歩くことにした。
e0112632_3391726.jpg



<10日目> 晴れ
フロリダへ帰る日。
9時半バンフ発の空港行きバスに乗らなければならないので、早めにホテルをチェックアウトしてレンタカーを返して、1日中、移動・移動・移動の日だった。
カルガリーからフロリダまで直行便がないので、ヒューストンで乗り換え。
しかし、この乗り継ぎ便が大幅に遅れて、家に着いたのは翌日の2:00amでした(苦)。
やっぱりカナダは遠かったわ~。

今回の旅行はグルメ旅行で、美味しいものをいっぱい食べてきた。
かなりの運動量だったにもかかわらず、絶対摂取カロリーの方が多かったはず(苦笑)。
アメリカドルがカナダドルに対して弱くて、CAD1.00=USD0.95。
おかげで物価がめちゃくちゃ高かった・・・。
クレジットカードの請求額がどうなってるか恐ろし~い。

終わり。⑤へ続きません(笑)。
[PR]
by bocce | 2007-09-26 14:32 | 旅行
<6日目> 晴れ
Sunwapta Valley and Athabasca River + Jasper Townsite: 110km (Elev. Gain 123m)
ジャスパーに向けて出発。
ジャスパーは標高が低いので、ツアー5日目は上りが少なく、約1,000mもの標高差を下っていく。
私は今までMTBしか乗ったことがなかったので、1日の走行距離はせいぜい70km。
1日で110kmも走ったのは初めてだ。やっぱりロードバイクは速いなぁ。
コロンビア・アイスフィールド周辺は標高が高い為かかなり寒く、氷河も多い。
e0112632_625275.jpg


しかし、標高が下がっていくにつれ、気温はぐんぐん上がっていく。
e0112632_625561.jpg


ピクニックランチで初めて冷たい飲み物を飲み、初めて半袖になった(笑)。

アサバスカ・フォールズで短いハイキングを楽しみ、ここから旧道を走る。
e0112632_6253942.jpg


旧道は交通量が少ないのはいいけど、道が狭くて道路のコンディションも悪く、さらに下り坂なのでかなり気をつけて走らなくてはならない。
途中、素敵な景色も沢山あったけど、急坂だったので写真はあきらめた。

ホテルに向かう前にジャスパーの下町に寄り、今回の旅の記念にカナダ国旗デザインの自転車用ジャージを購入。かなりお気に入り(笑)。
e0112632_6265097.jpg


ホテルはこんな素敵な湖の目の前に建っていました。
e0112632_627713.jpg



<7日目> 曇り
Maligne Canyon: 18.1km (Elev. Gain 97m)
ジャスパーからバンフへ戻る日なので、ツアー6日目の走行は短い。
最終日は楽チンだと思っていたのに、マリーン渓谷まではかなりキツイ上り坂・・・。
やっとの思いで渓谷に到着すると、そこには野生のElk(エルク。和訳:ヘラジカ)が!
e0112632_6272522.jpg


バンフでエルクバーガーを食べたけど、こんなにかわいい動物だったのね。ごめんね~。
マリーン渓谷で少し散歩して、ホテルに戻り、全員バンに乗り込んで一路バンフへ。
途中のキャンプ場でピクニックランチをしながら、今回の旅の感想を一人ずつ言うことに!
今回のメンバーは年配の人が多かったので、今後も付き合えるような友達は出来なかったけど、とてもいいメンバーでした。

④へつづく
[PR]
by bocce | 2007-09-25 17:23 | 旅行
<4日目> 霧・晴れ
Moraine Lake to Bow Lake: 69km (Elev. Gain 251m)
朝から山は雲にすっぽり覆われた状態で、標高1,887mにあるモレーン・レイクへロードバイクで行くには視界が悪すぎる。
ちなみにホテルの標高は1,536mなので、351mの標高差分上り続けなくてはならない(苦)。
2名の自転車狂を除く全参加者がバンに乗り込んだ(苦笑)。
モレーン・レイクに到着すると、少しずつ雲が晴れてきて、短いハイキングを終える頃には青空に!
e0112632_12204552.jpg

とにかく綺麗で、今旅行中、一番のお気に入りの場所。
ちなみにカナダの$20札に印刷されている景色はモレーン・レイクだそうだ。
モレーン・レイクからはいくつもハイキング・トレイルがあって、お薦めらしいのだが、熊が出るので4名以上のグループじゃないとハイキングが出来ない。

青空にすっかり気分もよくなり、ロードバイクにまたがり、いざ出発!
モレーン・レイクから下り坂を快調に飛ばし、車両通行禁止の旧道を10kmほど走る。
野生動物に会える絶好の場所らしいけど、今回は残念ながら会えませんでした。
e0112632_12214187.jpg

今日はお弁当ランチなので、各自好きな場所で昼食をとる。
旦那と私は静かな旧道で山を眺めながらのランチ。
久しぶりに山登り気分を味わえた。

旧道の後は高速を10km走る。ちょっと怖いけど、天気が良くて山も綺麗で気分も上々。
e0112632_12222354.jpg


しかし、後半37kmはひたすら上り坂が待っていた(苦)。
e0112632_12224591.jpg

腰が痛いよ~!

やっと目的地のボウ・レイクに到着。
e0112632_1223957.jpg

ホテルにチェックインした後は、ボウ・レイク周辺をハイキングしたけど、このか湖の色がなんとも言えない不思議な色でとても綺麗だった。


<5日目> 曇り・晴れ
Glaciers and Icefields: 91.7km (Elev. Gain 756m)
ツアー中で一番きつかった日。
ホテルを出て5km走ると標高2,069mのボウ・サミット。
自転車を停めて少し歩くと展望台があり、ペイト・レイクが良く見える。
ちなみにこのレイク、ある動物の形をしているというのですが、何でしょう?
e0112632_12233992.jpg


ここから41km地点まではほぼ下り坂。
下り坂を快調に飛ばしてると、後輪がガタガタいってなんか変。
なんとパンクしてしまいました!
ちょうどミスタヤ渓谷周辺でガイドさんの一人が一緒に走っていた時だったので、渓谷を見に行っている間に彼女がパンクの修理をしてくれた。
ラッキー!
e0112632_1224252.jpg

ハイウェイ93の路肩はかなり傷んでいるので、MTBのように衝撃を吸収できないロードバイクにはちょっと走りにくい。
この日、私以外にもパンクした人がいて、彼の場合は危うく溝に落ちるところだったらしい。
危な~い!

71.2km走ったところで、最大の山場、峠越え(苦)。
峠の手前まですでに10kmほど上り坂が続き、痛い腰をだましだましがんばったけど、73.6km地点で残念無念のギブアップ。
これは76.3km地点から撮った写真。
e0112632_12254816.jpg

あんな遥か下からここまでで、まだ半分しか上っていない(苦)。
結局、急な上りが終わる81.8km地点までバンに乗せてもらった(泣)。
60歳のおじさんもがんばってるのに、自分が情けないなぁ・・・。
もっと体を鍛えなければ。

でも、ギブアップの理由は腰痛だけじゃなく、どうしても17:30からのアイス・エクスプローラー・ツアーに参加したかったから。
この写真のバスで厚さ350mの氷河の上へ行くことができるツアーで、面積325k㎡もの大氷原コロンビア・アイスフィールドを堪能できる。
e0112632_1226341.jpg

氷河の上で15分だけ歩きまわれるけど、ほとんどの人が寒すぎて早々にバスの中へ。
私は久しぶりに感じる冷たさを15分間十分堪能しました(笑)。
e0112632_122764.jpg

e0112632_12282450.jpg


③へつづく
[PR]
by bocce | 2007-09-10 23:18 | 旅行
行ってきました。夏のカナダ!
今まで冬しか行ったことがなかったので、「夏のカナダで山登りがしたい!」という念願を叶えてきました。
といっても、今回の旅行のメインは自転車。
バンフからジャスパーまでの道程をロードバイクで6日間走るというツアーに参加。
私はこの旅行で始めてロードバイクに挑戦してきました!


<1日目> 曇り
アメリカとカナダは近いイメージが強かったけど、フロリダからバンフは遠かった・・・。
家を出てからホテルに到着するまで約13時間。
まだ8月なのに寒いし・・・。フロリダとは違いすぎる。
1時間ほどハイキングして、明日からの過酷な日々に備えて早めに就寝zzz。


<2日目> 曇り・雨
Lake Minnewanka Loop + Banff Townsite Option: 32.1km (Elev. Gain 167m/547’)
ツアー初日。10:30amからオリエンテーションで、参加者全員と初顔合わせ。
参加者の年齢は40代~60代と高めだけど、皆、世界各国で自転車ツアーに参加してきてたツワモノばかりで、ロードバイクは初めてというのは私一人・・・。
出発前に自転車の調整をして、試し乗りしてみると、マウンテンバイクとはかなり違う!
ギア・チェンジの仕方がまったく違うし、体もかなり前傾姿勢。
6日間大丈夫かな~という不安を映したかのような曇り空で、午後からは雨の予報。
最低気温は1℃でかなり寒く、最悪の滑り出し。
だたし、このツアーは常にこの写真のバンが参加者の様子を見に往復していて、「もう駄目だ。ギブアップ!」となったら、バンに乗せてもらえる。
e0112632_6453183.jpg

食事、スナック、水もすべて用意されて、荷物もホテルからホテルへ運んでもらえるので、
かなり楽なはず!

初っ端から下り坂だったのがちょっと怖かったけど、乗っているうちに段々慣れてきた。
曇り空でせっかくのカナディアン・ロッキーが見られないのが残念。
でも、湖を眺めながら走るのも楽しい。
e0112632_6454893.jpg

19.7km走ったところのキャンピング・グランドで、バンが待っていてピクニック・ランチの用意をしていてくれた。
すでに小雨が降り始め、かなり寒かったので、暖かい紅茶が飲めてとても嬉しい。
ランチの後は雨の中、ひたすらホテルを目指して走った。
どうか、翌日からは晴れますように!


<3日目> 曇り
Bow River Valley: 60.3km (Elev. Gain 578m/1896’)
最低気温-2℃。旅行中、一番寒かった日で、長袖のインナー、長袖Tシャツ、フリース・ジャケット、レイン・ジャケットと4枚も着こんだ。
ツアー二日目はバンフからレイク・ルイーズへ向けて走行。
距離も昨日の約2倍で、大きな上り坂が3つもあり、5kmほど高速を走らなければならない。
ちなみに高速は日本のように有料ではなく、自転車の走行もOK。
路肩は広めなので、それほど危険じゃないらしいけど、やっぱり大型バスとかが横を通過していくとちょっと怖い。
高速を過ぎると谷を見下ろすのどかな風景が続き、いよいよ恐怖の上り坂(苦)。
e0112632_6485881.jpg

一つ目の坂を下った辺りで、野生の鹿に遭遇!
しかし、まだロードバイクに慣れてなく、写真を撮る余裕は無し・・・。
32.6km地点のキャンピング・グランドで待ちに待ったピクニック・ランチ。
もちろん暖かい紅茶に飛びついた。
二つ目の上り坂あたりで、いよいよ腰が痛くなり、持参した痛み止めを飲んだ。
私はあまり痛み止めを飲むのを好まないけど、旦那はアメリカ人だからか、まったく抵抗がない。
痛いの我慢して自転車に乗っててもつまらないでしょう?という旦那の考えに同意して、このツアーの間は結構服用してしまった・・・。
三つ目の坂を越えるとホテルまでは下り坂。
旦那はそのままレイク・ルイーズへ坂を上って行ったが、私はホテルへ直行し、バンでレイク・ルイーズまで連れて行ってもらった。
やっと青空がのぞいてきて、湖と氷河がとても美しかった。
e0112632_6491456.jpg


②へつづく
[PR]
by bocce | 2007-09-07 17:43 | 旅行