「ほっ」と。キャンペーン

英語が苦手な主婦のアメリカでの子育て奮闘記


by Bocce
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

母乳について

母乳100%になるまでの2ヵ月半、色々な苦労と葛藤がありました。
これから母になり同じような苦労をするかもしれないお友達の為にも、私の経験をちょっと書いておこうと思います。
人によって違うとは思いますが、参考になればいいな。

母乳が本当に出ない人は何万人に1人の確率で、ほとんどの人は母乳がでるようになるそうです。
母乳が少なくて悩んでいるときに「2~3ヶ月かかるけど、必ず出るようになるから。」と励ましてくれた友達の言葉がとても嬉しかったです。
「母乳にこだわらなくてもミルクでも大丈夫」という内容の慰めの言葉は、かえって傷つきました。

母乳が出るようにする為には頻繁に授乳と搾乳することを勧められるので、授乳を1回でも休むと母乳が出なくなるんじゃないかと不安でした。
でも、2~3ヶ月の長期戦なんだから、授乳を休んでもっと睡眠をとっておけばよかったとつくづく思います。
出産でダメージを受けた体を十分に休ませずに、もっと母乳を出せと酷使するのはひどい話ですよね。
出産後って感情的になっていて、あんまり冷静に物事を考えられないんですよね。
赤ちゃんの為にもがんばらなくちゃ~って。
でも、自分を犠牲にしてでも赤ちゃんの為にっていうのは、結局誰の為にもならないんです。
赤ちゃんとちゃんと向き合う為にも、まず自分の肉体的、精神的ダメージを回復させないと。
って、今だから言える話で、渦中にいるときにはそうは思えないんですけどね。

母乳100%までには色々な努力をしました。
頻繁に授乳・搾乳
おっぱいマッサージを毎日
マザーズミルクというハーブティを毎日頻繁に飲む
海草、もちなどを食べる

どれもいいと言われてることだけど、一番効果があったと思ったのは全く別のもので「睡眠」と「目の温シップ」でした。
「睡眠」は助産婦さんだったKさんに言われて。
「目の温シップ」は妹が持ってきてくれた「お産本」という本に書いてあったので。
どちらも胸が張るのが実感できましたね。

母乳不足でスタートすると、赤ちゃんが泣くのは母乳が足りないせいだとつい思いがちです。
赤ちゃんが泣くたびに、口をパクパクさせたり、指をしゃぶるたびに「授乳だ!」とすぐにおっぱいを吸わせていましたが、これは大きな間違えでした。
育児書を参考に生活のリズムを作ってみると、自分がいかに赤ちゃんの要求を無視して授乳していたかよく分かりました。
両親学校で、赤ちゃんが口をパクパクさせたり指をしゃぶるのはお腹が空いたサインだと教えられましたが、お腹が空かなくてもよくやっています。
リズムを作るとお腹が空いて泣いているのかどうか分かるので、スムーズに母乳100%に移行できました。

母乳100%になったけど、今度は卒乳がまた大変だそうで。
経験者の皆さん、その辺の体験談色々教えてください。
[PR]
by bocce | 2009-03-28 15:51 | 出産・育児

3ヶ月

e0112632_020554.jpg

息子も3ヶ月になり、最近少し楽になってきたような気がします。
出産経験者はみんな口を揃えて「最初の3ヶ月が一番大変」と言うので、「この3ヶ月を乗り切れば楽になるはず!」とがんばってきましたが、本当にその通りでした。

<0~1ヶ月>
息子は昼夜逆転していて明け方にならないと眠りませんでした。
なので、手伝いに来てくれた両親は午後8時頃に就寝して午前1時頃に起き、息子をバトンタッチして私が就寝するという状態。
息子は寝ている間も「う~ん、う~ん」とうなって手足をばたばたさせたりするので、同じ部屋で寝ていると気になって眠れないし、お昼寝もめちゃくちゃ短い。
「お母さんは赤ちゃんがお昼寝している間に、一緒にお昼寝しましょう」なんて言うけど、絶対に無理です!
母乳不足で悩む私は1回の授乳も逃すまいとがんばるので、ひどい寝不足が続きました。
何回か授乳を休んで、両親がいるうちに睡眠を取っておけばよかったと後悔。

<1~2ヶ月>
1ヶ月間手助けしてくれた両親は帰国し、一人で息子の面倒を見て家事もしなければなりません。
とにかく一日一日乗り切るのに精一杯で、肉体的にも精神的にも全く余裕なし。
この頃のことはあんまり覚えていません。
頼るべき旦那は赤ちゃんに対する拒絶反応で、育児に関しては頼りになりませんでした。
2ヶ月検診で身長50%(標準)に対し体重90%だったので、ミルクを減らそうと決心。
小児科医が2ヶ月になったのでクリブに一人で寝かしても大丈夫というので、旦那の強い希望で息子は2Fの子供部屋で寝ることに。
「あ~う、あ~う」とよくおしゃべりするようになりました。

<2~3ヶ月>
妹が3週間手助けに来てくれました。
妹に持ってきてもらった育児書「赤ちゃん語がわかる魔法の育児書」を参考に、息子の生活のリズム作りに乗り出しました。
20分くらいしか昼寝をしなかった息子が30~40分昼寝をするようになり、夜も続けて3~4時間眠れるようになりました。
しかし大泣きしないと寝ないので私は精神的に疲れてしまい、妹のサポートがなければやり遂げられなかったと思います。
3週間も手助けに来てくれた妹と、それを許してくれた妹の旦那に大感謝!!!
母乳の方も2ヵ月半ぐらいから100%になりました。
息子はよく笑うようになり、おしゃぶりもするようになりました。
指も3本しゃぶります(苦笑)。

<3ヶ月~ >
生活のリズムを作ることで外出のタイミングがつかめるようになり、息子を連れて買い物に行ったり、息子をジムの託児所に預けてエクササイズをしたり。
旦那の赤ちゃんに対する拒絶反応も少なくなってきたので、帰宅したら息子の入浴をお願いして、私は犬の散歩へ。
息子と離れて犬達と1時間ぐらい散歩するのは、私にとってもいい気分転換になり、旦那も息子と2人だけの時間が持てるので、とてもいい考えでした。
昼寝は40~60分ぐらいするようになり、夜も4~5時間続けて眠れるようになりました。


この大変な3ヶ月間、私達をささえて励ましてくれた家族と友達に感謝しています。
まだまだ幕はあけたばかり。
沢山の困難が待ち受けているとは思いますが、楽しく子育てをがんばりたいと思います。
これからもよろしくお願いします。
[PR]
by bocce | 2009-03-26 11:21 | 家族