英語が苦手な主婦のアメリカでの子育て奮闘記


by Bocce
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

MRI検査結果

4月21日(水)、MRIの結果を聞きに行きました。
結果は左右の胸に新しい腫瘍はみつからなかったとのこと。
乳房温存手術(Lumpectomy)希望だったのでホッとしましたが、Dr. Kの説明を聞いているうちに迷いが生じました。
乳房温存は最悪の場合、切除した場所がくぼんで、乳首が内側に向いてしまうこともあると言うのです。
馬鹿な話ですが、私はその時まで手術で自分の胸が変形してしまうなんて考えてもいなかったのです。
今は乳房再建の技術も発達し、乳房切除術(Mastectomy)と同時再建も出来るし、特に小さな子供のいる母親の場合は再発したくないからと乳房切除を希望する人もいると説明を受けました。
ただし、切除で再発を免れるのは乳癌のみで、他への転移は防げません。
温存すれば6週間の放射線治療は必須で、それにより皮膚がダメージを受けるので、後からやっぱり切除したいと言うことになったら、お腹の皮膚を胸に移植する大掛かりな手術になるそうです。
それでも、やっぱり温存でお願いしました。
Dr. Kも私のケースは温存を薦めると言ってくれましたし。
しかし、再発を防ぐ為に両胸の切除を希望するアメリカ人女性は、本当に強いなぁと思いました。

乳房温存手術と決まったら、Dr. Kが「金曜に手術のキャンセルが出て空きがあるから金曜にやりましょう。」と言いました。
え?金曜って2日後の???
でも、それを逃すと次は5月11日まで空きがないというのです。
セカンドオピニオンも聞かずに急いで手術することに少し迷いましたが、乳癌の中では比較的シンプルな手術であること、Dr. Kが信頼できそうな医師であること、あと2週間以上も待つのは精神的にもきついことから決めてしまいました。
乳癌は手術してみないと分からないことが多いのです。
病期(ステージ)もリンパ節への転移も腫瘍の正確な大きさも今後の治療法も、手術してからじゃないと分かりません。

アメリカの医療は細かく専門が分かれています。
Dr. Kは外科医(Surgeon)で生検や手術を行いますが、その後の治療は癌専門医(Oncologist)が行います。
Dr. Kが紹介してくれた癌専門医Dr. Mは、たまたま旦那の会社の同僚の奥さん(乳癌)の医師で、とてもお薦めだと言われました。
人気のある医師のようで、私の予約は5月3日でしたが、Dr. Kが電話してクレームをつけ、手術の前日に予約をとりつけてくれました。
このDr. Kの行動力は気に入った点のひとつです。
セカンドオピニオンを聞く時間がなかったので、Dr. Mにセカンドオピニオン的なことを質問したら、Dr. Kの言っていることは正しいし彼女は腕のいい外科医だと言っていました。
Dr. Kに会ったのはStereotactic Biopsy(多分日本語ではマンモトーム生検)の時と乳癌告知の時と今回の3回のみ。
日本の乳癌のサイトはとにかく医師との信頼関係を築けと書いてあるけど、築く前にもう手術だよ・・・。
とにかくDr. Kを信じて手術を受けるしかありません。
[PR]
by bocce | 2010-04-30 23:49 | 乳癌

やっぱり和食よね~

沢山の差し入れありがとう!!!
水曜の朝までほとんど食欲も無く、無理して食べても気持ち悪くなっていたのに、水曜のランチに頂いた和食の差し入れはすんなり食べることができました。
それ以降、3食きちんと食べられるようになり、メキメキ体力もついてきています。
沢山の差し入れのおかげで、3食まかなえてるし、普段よりもずっと豪華な食事です(笑)。

皆さん、それぞれに忙しいのに、素晴らしいお料理の数々。
本当に本当にありがとう。
皆さんの愛情と共に美味しくいただいてます。

遠くから応援してくれている友達にもとても感謝してます。
一人ひとりに返事を書きたいのに、なかなか出来なくてごめんなさい。
少しずつお返事していきますので、気長にお待ち下さい。
[PR]
by bocce | 2010-04-30 21:24 | 乳癌
早速、沢山のヘルプの申し出がありました。
皆さん本当にどうもありがとう。
お義母さんも水曜の午前中までいてくれることになりました。

午前 午後
28日(水) お義母さん TさんとKちゃん
29日(木) Aちゃん Aちゃん
30日(金) Kさん Mさん
3日(月) Sちゃん Yさん
4日(火) Kさん


木曜はAちゃんが午前からずっと来てくれることになってますが、あんまり長時間になってしまうので、もしも他に誰か来れる人がいたら、教えてください。
Aちゃんは赤ちゃんがいるので、赤ちゃんが疲れちゃうんじゃないかと心配です。

火曜はKさんが2時ぐらいまでいてくれます。
私もだいぶ回復してるんじゃないかと思いますが、2時以降来れる人がいたら教えてください。


私の体調の方ですが、昨日まで結構寝てばかりいました。
処方された痛み止め(Hydrocodone)が強すぎるのか、めまいがしてふらふらするのです。
3~4時間おきに1~2錠飲むよう指示がありますが、5時間おきに1錠飲んでも私には強いみたい。
痛みを感じないのはいいんでるけどね。
食欲も無く、食べても吐いてしまうので、昨夜から市販の痛み止めに切り替えました。
手術の傷口が痛むものの、気分的にはこっちの方がマシかな???
まだあんまり食欲がないけど、なんとか食べなくちゃ。


日曜に初めて手術痕を見ました。
手術後は専用のブラジャーを付けられていて、日曜まではずさないよう言われていたので。
やっぱりショックでしたね。
先週水曜に手術の説明があるまで、自分の胸の形が変わってしまうことを全く考えてなかった。
内臓の手術とかなら、手術痕以外の変化は目で見えないけど、胸の形が変わるのはやっぱりインパクトがあります。
比較対象の左胸があるから、なおさらです。
ゴルフボール大の組織を切除したそうだから、仕方がないんですけどね。


今回の手術で切除した腫瘍とセンチネルリンパ節を検査して、その結果で抗がん剤治療が必要かどうか分かります。
抗がん剤は必要ないといいなぁ。
[PR]
by bocce | 2010-04-27 09:39 | 乳癌

ヘルプ求む

無事に手術も終わり、1泊の入院もなく自宅に戻ってきています。
日本なら1週間は入院なんですけどね・・・。

今日から2泊3日で旦那の家族がヘルプに来てくれることになりました。
私の両親は5月4日夜着の飛行機で8週間ヘルプに来てくれます。
父の腰の調子が悪いのとGWで飛行機が満席なこともあり、4日前に来てもらうことは無理でした。
なので、4月28、29、30日と5月3、4日の昼間のヘルプが必要になります。
土日と平日の夜は旦那がいるので大丈夫です。

現在、右腕はあまり動かすことができません。
パソコンも左手で打っているのでとても時間がかかります。

必要なヘルプは・・・

太郎のおむつ替え(手術の痕を蹴られて、傷口が開くと困るので)
ごはんの差し入れ(右手が不自由で料理が作れません)
太郎の遊び相手

2週間重いものを持ってはいけないので、太郎を抱っこすることはできません。
なので、太郎を車に乗せて外出することも出来ません。

皆さんそれぞれに忙しいと思いますので、少しの時間でもいいので、ヘルプに来てくれると助かります。
差し入れだけでも助かります。
旦那が作る料理はこってり系なので、和食やさっぱり系の差し入れが嬉しいです。
息子の食事も買ってきたお惣菜をあげているので、塩分が気になります。

どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by bocce | 2010-04-25 11:43 | 乳癌

明日は手術

昨日、MRIの結果を聞きに行き、たまたま金曜に手術のキャンセルが出て空きがあるので、明日手術することになりました!
明日に備えて早く寝なきゃいけないのに、両親の航空券の手配やらやることがいっぱいあって、すでに11時・・・。
なので、詳しいブログは後日に。
初めての手術なので、術後の自分の体調がどうなるか想像できませんが、しばらくはパソコンを見れないかもしれませんので、コメントへの返事は遅くなると思います。
[PR]
by bocce | 2010-04-22 23:08 | 乳癌

前々回のブログ

前々回のブログでかなりの友達にショックを与えてしまったみたいでごめんなさい。
差し出された手を払うような行為でしたね。
謝りの電話をくれた友達、なんて言葉をかけたらいいか分からないと私を避ける友達、色々です。
わかって欲しいのは、私は傷ついてあのブログを書いたのではないということです。
単に聞きたくないから言わないでねって事だったんだけど・・・。
謝って欲しいとか、私をそっとしておいて欲しいとかそういう意味ではないのです。
謝られたり避けられたりするのはちょっとキツイです。


友達が癌だって言うだけでもショックなのに、あんなブログを読んだらさらにショックですよね。
でも、皆が思うほど落ち込んではいません。
今後のことについての心配の種は尽きないけど、ちゃんと受け入れて戦う準備をしてます。
癌患者も毎日普通に生活してるんですよ。
家事、育児してるし、犬の散歩もしてるし、ジムにも通ってます。
毎日泣き暮らしてるわけじゃありません。


癌に関する本で「がんばって!っていわないで。-がん患者180の本音」っていうのがあるので、ああ皆同じ事を感じてるのかなと思いました。
前々回のブログを書いてよかった点は、母の「がんばって」攻撃がなくなったことかな(笑)。
二言目には「がんばって」だったので、こっちは聞きたくないから会話が続かなくて・・・。
あんまり早く電話を切るから、旦那が「あれ?今、お母さんと話してたんじゃないの?短くない!?」とびっくりしたくらい(苦笑)。
海外にいる娘が病気だと知れば、なんとか励まそうという母の気持ちは痛いほど良く分かるんですけどね。
でも、あのブログ以降ぴたりと言わなくなりました。


ところで、お願いがあります。
コメントを書く際に私の名前はBocce(バチ)、旦那は旦那、息子は太郎、犬達はルリルリとジャジャでお願いします。
名前は覚えなくても、登場人物の欄に書いてあります。
うちの旦那は古い人間なので、ブログに本名が載ったりするのすごく嫌がるんですよ。
誰が読むか分からないし、住所や名前を特定できるようなことは書くなと。
太郎の写真を載せるのも嫌がるくらい。
これは母も楽しみにしてるし、子供は顔が変わるからと載せてますけど。
読者のほとんどが友達の超マイナーブログと言うことで、今まではあまり気にしていませんでしたが、今後は乳癌関係で知らない人が読むこともあるので、お願いします。


さて、明日はMRIの検査結果を聞きに行ってきます。
[PR]
by bocce | 2010-04-20 15:56 | 乳癌

ひとつ良い知らせ

さっき、病院から電話があって血液検査の結果はネガティブだったと言われました。
つまり、癌の遺伝子はもっていないということです。
3週間かかると言われた検査が、思いのほか早く結果が出て、しかも良い結果でよかったです。
この血液検査は広いアメリカで1箇所しかやっていない特殊な検査で、費用も$3000と高いです。
保険会社が支払いを拒否することもあるそうなので、スムーズに払ってくれるといいなぁ。

昨日撮ってきたMRIの結果は、早ければ来週初めに分かるそう。
もし、転移が見つからなければ、胸の全摘出は免れるから、良い結果を祈るのみです。


P.S. 旦那曰く、保険会社が支払いを許可したから検査結果が出たのだそう。
3週間って保険会社との交渉を含めた期間なんですって。
私の場合、若年性乳癌だから保険会社も必要な検査だと認めてくれたらしい。
アメリカの保険って交渉が多くて大変よね。
[PR]
by bocce | 2010-04-15 16:35 | 乳癌

慰め、励ましの言葉

沢山のお友達に慰め、励ましの言葉を貰って、涙が出るほど嬉しいです。
でも、今は受け止められないいくつかの言葉が有ります。
恐らく私も以前は慰めの言葉として普通に使っていたと思います。
だから、決して悪気があって言っているではないのは十分分かっています。
なので、言葉ではなく気持ちを受け取るようにしています。
でも、がまんして聞き続けるより、いっそ正直に言った方が皆さんにも分かってもらえるんじゃないかと思い、あえて書くことにしました。
慰め、励ましてもらっているくせに、こんな我儘を言って申し訳有りません。



「大丈夫」

今年になってこの言葉にはすでに2回裏切られました。
なので、この言葉は聞きたくないのです。
2人目を無事に妊娠・出産できるか不安な私を「一人出産しているし、次は大丈夫だよ」と沢山の友達が励ましてくれました。
私自身「大丈夫」と思っていたので、3度目の流産したときの衝撃は大きかったです。
そして今回の再々検査は「乳癌じゃないと思うけど、念のための検査」だったはずなのです。
沢山の友達に「大丈夫だよ」と励まされ、私も「大丈夫」と思っていましたが、結果は乳癌でした。
まさか自分が乳癌になるなんて想像もしてなかったし、未だに半分他人事のようです。
初期乳癌なら簡単に治ると私自身思っていたので、「初期で見つかってよかったね。大丈夫だよ。」と言ってくれる友達の気持ちはとてもよく分かります。
でも、やはり癌は癌です。
どんなに小さくても転移、再発の心配はありますし、長期戦わなくてはならない病気です。
ぜんぜん大丈夫なんかじゃないんです。
私の癌は浸潤性乳癌で転移する可能性の高い癌です。
リンパ節への転移の有無は手術の際に検査するので、約1ヵ月後の手術までは分かりません。


「がんばって」

普通に良く使う励ましの言葉だし、私もよく使っていたと思います。
でも、うつ病患者には使ってはいけないとよくいいますよね。
今の気持ちを例えて言うなら、川で溺れて必死に助けを求めているのに、岸から「がんばって」と言われている感じです。


<子供に関すること>

この話題はかなり神経過敏になっています。
第2子にこだわらなくても、息子がいるだけでも幸せだということは分かっています。
でも、長年(恐らく子供の頃からおぼろげに)子供は2人と思っていた夢を、そう簡単に諦められるものではありません。
流産しなかったら癌の発見が遅れたというのも事実です。
でも、母親として流産してよかったとは、とても思えません。



誤解しないで欲しいのですが、そういった言葉を使った友達のことをどうこう言っているのではありません。
私を心配してくれる気持ちは痛いほど伝わっていますし、とても感謝しています。
私の大きな支えです。
これらの言葉も一生聞きたくないというわけではなく、今は聞くのがつらいと言うだけです。

告知からまだ1週間。
どんな癌なのか、どう戦っていくのかもまだ分かっていません。
これからが大変なのだと思います。
物理的・精神的サポートをどうぞよろしくお願いいたします。

明日、MRIを撮りに行ってきます。
[PR]
by bocce | 2010-04-13 23:32 | 乳癌

検査結果

昨日、検査結果を聞きに病院へ行きました。
結果を聞くのになぜドクターとの予約がいるのだろう?と不思議に思いましたが、看護婦の「組織検査を受けた人は全員ドクターからの説明があるんです。」との言葉を信じて疑いませんでした。
きっと、3ヵ月後にもう一度マンモグラフィを撮るとかそういう説明があるんだろう・・・。
今週は社長との重要な会議があってどうしても抜けれない旦那に、「一人で大丈夫」と言ったくらいです。
心配性の旦那は社長に「会議の途中ちょっと抜けて電話をかけたい」と事情を説明したら、「何を言ってるんだ。すぐに奥さんの元に行きなさい」と言われ、あわてて帰ってきてくれました。

11時半の予約なのに、部屋で1時間以上も待たされてイライラする旦那。
「やっぱりついて来なければ良かったのに・・・」と正直思いました。
結果を聞いてすぐに帰れるものだと思っていたので、息子のランチを持ってこず大失敗。
ぐずる息子をおやつでなだめて、早くしてくれないかなぁと思ってるとやっとドクター登場。

「乳癌です。」

は???
自分の耳を疑いました。
だって、80%大丈夫だろうって・・・。
正直言って、今でも飲み込めていない感じです。

初期で癌はまだ0.4cmと小さいとの説明でホッとしたのもつかの間、今後予想される治療などの説明を受けているうちに涙が出てきました。
手術後のホルモン療法で再発を防ぐ為に5年間薬を飲み続けるので、その間は妊娠できないと言うのです。
今でも高齢と言われ妊娠と妊娠の継続は難しいのに、5年後では致命的・・・。
今は乳癌のショックより2人目の子供がつくれないショックの方が大きいです。

乳癌も初期ならと侮っていたら、血液検査で乳癌の遺伝子が見つかったら乳房切除術をした方がいいと薦められました。
来週MRIを撮って、他に転移が見られないか検査して、双方の結果で今後の治療法を決めます。
恐らく手術は1ヵ月後。
その後約6週間におよぶ放射線治療も必要な可能性大です。
転移がみつかれば、化学療法も必要になるでしょう。
癌患者としては若いから、再発の危険が高いそうです。

日本への里帰りは中止になりました。
日本で会えるのを楽しみにしていたお友達の皆さん、会えなくてとても残念です。

フロリダのお友達の皆さん、今後沢山のサポートが必要になってくると思います。
どうか、よろしくお願いします。
[PR]
by bocce | 2010-04-08 23:50 | 乳癌

イースター

イースター(復活祭)とはキリスト教のお祝いで、十字架にかけられて亡くなったイエス・キリストが3日目によみがえったことを記念した日です。
イースターは基本的に「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝われるそうで、毎年日付が変わります。
今年のイースターは4月4日で、ちょっと早めにうちで1歳前後の子供のいるママ友達とイースター・パーティをしました。


私はキリスト教徒では無いので、イースターを祝うと言うよりは、子供達にエッグ・ハントさせることが目的です。
イースターではカラフルな卵をかくして、子供達に捜させるエッグ・ハント(卵探し)という遊びをします。
ゆで卵の殻をパステルカラーに染めて装飾するのが本格的ですが、最近では卵形のプラスチックの入れ物の中におもちゃやお菓子を入れたりします。
各自6個ずつ卵を持ってきてもらって、裏庭の芝生の上に転がして、エッグ・ハントをしました。
さすがに1歳児なので、かくしても見つけられないし、芝の上の卵を拾わせるのですらひと苦労。
息子は卵を拾うより、中に入ったお菓子が食べたくて、思うように卵を拾ってくれません。
いい写真を撮ってスクラップブックを作ろうと思ってるのに、難しいなぁ・・・。
e0112632_23505173.jpg

e0112632_2351518.jpg


各自卵を持ってきてもらうのはとてもいい考えでした。
本格的なゆで卵を持ってきてくれた友達もいたし、プラスチックの卵の中に入れるおもちゃやお菓子の工夫がとても面白かったです。
小袋のふりかけ、消しゴム、シール、髪留め、レーズン、お菓子などなど。
私は卵型のチョコレートをいれて、それから当たりくじを一つだけ入れて、その卵を拾った人には景品をあげるというのにしました。
エッグ・ハントの後はシャボン玉やブランコで遊んで、子供達もとても楽しそう。
e0112632_23513262.jpg


ポットラック(持ち寄り)にしたランチも美味しかったし、皆さん来てくれて本当にありがとう!!!
[PR]
by bocce | 2010-04-02 10:48 | アメリカ生活