「ほっ」と。キャンペーン

英語が苦手な主婦のアメリカでの子育て奮闘記


by Bocce
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

放射線治療1週目

6月21日(月)、治療初日かと思いきや、この日はセッティングだけでした。
機械の上に仰向けで横になり、1週間前につけたステッカーを目印に機械の位置を細かく調整します。
X線で何枚も撮影して、照射範囲を青のマジックで書かれました。
縦15cm、横20cmぐらいの広さです。
デジカメでも何枚か撮影しました。
毎回同じ位置に照射できるよう、胸に4箇所刺青で印をつけます。
大き目のほくろみたいな感じですが、一生消えない印をつけられるのは嫌なものです。
翌日から治療開始ということで、予約のスケジュールを渡されました。
なんと朝6時半!
早い時間でお願いしたので、文句は言えません。
病院が家から車で10分のところでよかった~。

22日から毎朝6時に起きてシャワーをあびて病院へ行きます。
照射は両腕を万歳の状態で仰向けでするので、脇の下の永久脱毛をしておけばよかったとつくづく思いました。
今のうちは毎朝剃れるけど、そのうち痛くて剃れなくなるかも。
1週間照射して、皮膚は少し日焼けした感じになり、結構敏感になっています。
胸も少し硬くなってきました。
ちなみに、1回の線量は1.80Gy(グレイ)だそうです。

週末ビーチに行くからどんな日焼け止めを使ったらいいか放射線技師に聞いたら、皮膚が敏感になってるので、胸の辺りは絶対に日焼けしちゃ駄目だと言われました。
サーファーが着るようなTシャツ(ラッシュガード)を着るように言われたので、あわてて買いに行きました。

6時半が一番早い患者なので待ち時間がない為、病院に入ってから出るまで15分位で済みます。
待ち時間がないのはいいけど、他の患者と知り合う機会がないのはちょっと残念。
といっても、治療に来る患者はお年寄りばかりだけど。

毎週月曜はDr. Dの診察があるので、いつもより時間がかかります。
とりあえず、今のところは問題なしという感じでした。
照射した皮膚に塗るクリームを教えてもらったので、今日から塗ってみよう。
[PR]
by bocce | 2010-06-28 16:23 | 乳癌

日本行き決定!

4月に乳癌の告知を受けて、4月末からの日本行きをキャンセルする為に航空会社に電話したときに、キャンセルではなく延期することを薦められました。
病気でやむを得ず航空券をキャンセルするときは、医師の診断書があればキャンセル料なしでキャンセルできます。
私はキャンセルしたかったのですが、旦那は「治療がひと段落着いたら日本へ行こう」と延期することを選びました。
もしも治療が長引くようなら、それが分かった時点でキャンセルすればいいと。
私を元気づける為にしたことは分かっていましたが、正直重荷でした。
延期できるのは6ヶ月以内で、4月の時点では先のことはまるで分からない状態だったからです。
告知直後だったし、最悪のケースばかり考えて、秋に日本に行こうなんて夢みたいな話だと感じたものです。
旦那の予測どおり秋には日本に行かれることになって、延期にしておいた航空券の日程を変更する為に航空会社に電話をしました。
ところが、延期を薦めておきながら、この手続きがものすごく大変だったのです!

私たちはデルタのマイレージを使ってノースウエストの航空券を取りました。
本当はデルタで取りたかったけど、空席がなかったので仕方がありません。
マイレージで取れる座席は少ないので、半年ぐらい先から予約しないと難しいのです。
なので、座席を確保するのがまず大変で、旦那が電話で45分もかけて仮予約だけ完了。
医師の診断書を持って空港のデルタ航空カウンターへ行き、早急に手続きするよう言われました。
明日までには手続きしないと仮予約した座席の保証はできないと言うのです。
病院に電話して大至急診断書を発行してくれるようお願いし、それを取りに病院へ行って、それからわざわざ空港まで行ってきました。
もう仮予約できてるし、診断書を提出すればすぐに手続き終了かと思いきや、手続きに1時間半もかかりました。
担当した人も気の毒で、2台のパソコンと2機の電話を使ってフル活動でした。
やっぱりキャンセルして新しく取り直したほうがよっぽど簡単だったんじゃないかと思います。
大変だった理由の一つはノースウエストのデータがすべてデルタのシステムに反映されていなかった点みたいです。
太郎は座席が必要ないけど、航空券は紙で発券されていて、そのデータがどこにもないので変更するのが大変だったそうです。

ま、なにはともあれ9月24日から旦那と太郎と一緒に日本へ行くことになりました!
旦那は10月10日に日本を発ちますが、私と太郎は10月25日に発ちます。
日本の友達の皆さん、ぜひ会いましょうね!
[PR]
by bocce | 2010-06-20 23:06 | 旅行
6月14日(月)、CT検査をしました。
この検査で放射線をあてる量を決めます。
照射位置を決め、体にインクで5箇所しるしをつけて、その上に防水性のステッカーを貼りました。
このステッカーは来週の月曜まで剥がれない様に気をつけなければなりません。

いよいよ21日から6週間半におよぶ放射線治療が始まります。
月~金曜まで毎日なので、治療の予約時間を朝7時でリクエストしましたが、確約はできないそう。
念の為、最悪の場合は1歳児を連れてきてもいいか聞いてみましたが、駄目だそうです。
できるだけ早い時間に予約を入れてくれるそうですが、もしも会議などで旦那がどうしても太郎をみれない時にはフロリダのお友達にお願いすることもあると思います。
前もって分かっていれば遅い時間に予約を変更することも可能です。
照射時間は短いので、病院に入って出るまで30分ぐらいだそうです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
[PR]
by bocce | 2010-06-15 16:35 | 乳癌
6月8日(火)、Radiation Oncologist(放射線腫瘍医)のDr. Dとの初めての予約です。
朝7時15分という信じられないくらい早い時間の予約でしたが、実際にDr. Dに会えたのは1時間後・・・。
初回は書類とか手続きが沢山あって、かなり時間がかかります。

癌に関する資料とか沢山あったので、待ってる間に見てました。
手術後のエクササイズに関する無料冊子もあって、手術後に欲しかったなぁと思いました。

今日Dr. Dの診察を受けて、来週にでも治療開始と期待してましたが、来週検査だそうです・・・。
Dr. Dは手術から5週間はあけたい言ったので、検査結果がよくても治療開始は再来週・・・。
なかなか治療が始まらないので、ちょっとイライラします。
両親のヘルプも後3週間なのに、治療は早くても2週間先だよ・・・。

ひとついいニュース。
秋には旅行に行ってもかまわないそうなので、延期になってた里帰りをしようと思います!
[PR]
by bocce | 2010-06-09 00:00 | 乳癌