英語が苦手な主婦のアメリカでの子育て奮闘記


by Bocce
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Daylight Saving Time (DST)

昨日からDaylight Saving Time(デイライト セービング タイム。夏時間)が始まった。
去年までは4月の第1日曜スタートだったんだけど、今年から3月の第2日曜スタートに変更。

時計の針を1時間進めるので、日の出と日没の時間がDST前に比べて1時間遅くなる。
私は個人的にDSTが好きだなぁ。
夏の日が一番長いときは夜9時ぐらいまで明るいので、旦那が仕事から帰ってきてから、一緒にドッグ・パークへ行ったりジョギングしたり、色々なアクティビティができるし。
どうしても夕飯の時間が遅くなるのがちょっと問題だけど、1日をめいいっぱい活用できる感じがする。
やっぱり暗くなってくると、早く家に帰らなくちゃって気分になるし、もともと夜型の人間ではないので、夜はあまり活動しない。
夜、車の運転をするのも嫌いだし(苦笑)。

今までは朝6時ごろ明るくなるので、パピーのRちゃんが起きだして、私達も毎朝6時に起床する羽目になっていたが、DSTが始まってRちゃんが目覚めるのは朝7時に。
これは、かなり嬉しい(笑)。

日本もDSTやればいいのにと思っていたら、1948年から4回やったらしいけど、廃止になったようで。
日本みたいに時間にキチキチしてる国は難しいのかな。
[PR]
# by bocce | 2007-03-12 12:05 | アメリカ生活

犬の寝床

普通、犬ってどこで寝ますかね?
私は旦那と結婚するまで犬を飼ったことがなかったので、あまり犬に関して一般常識
がない。
でも、なんとなく、犬は犬小屋かドッグベッドで寝るものだと思っていた。
しかし、旦那は犬を自分のベッドに入れて、一緒に寝る。
旦那と付き合い始めた当初はかなり驚いたものだ。
旦那が独身だった時はクィーンベッドに人間1人、犬2匹でOKだったけど、さすがに人間2人、犬2匹になるとスペース的にかなりつらい。
キングベッドならOKだが、家のベッドルームにキングベッドを入れると、サイドテーブルが置け
なくなってしまうので無理。
Bちゃんは16年間も旦那と一緒に寝てきたので、今さらドッグベッドに寝ろなんて無理だが、Rちゃんはドッグベッドで寝れるようにしたいと私は思っている。

しかし、どうやら旦那は一緒に寝たいらしい。
一応、私の意見に納得したものの、寝る前にベッドで本を読んでいる間はRちゃんをベッドに入れてしまう。
「悪いくせになるからやめて~」というのだが、ベッドで寝かしつけてからケージに移したほうが、鳴かれなくてすむと言うのだ。
しかし、昨夜とうとう旦那は、私が先に眠ってしまったのをいいことに、Rちゃんをベッドに入れたまま寝てしまった。
夜中に寝返りをした私は、何かが首の下にいることにびっくりして起きると、Rちゃんが私の首の下に顔を突っ込んで寝ていた・・・。

さて、私はRちゃんをドッグベッドで寝るよう躾けられるのでしょうか?
写真はドッグベッドで昼寝するRちゃん。
夜もこうやって寝るようになるまで、私と旦那との戦い(?)は続く・・・。

e0112632_7323526.jpg

[PR]
# by bocce | 2007-03-08 13:13

道路舗装工事

先月から家の前のアスファルト道路をレンガ道路に変える工事が行われている。
私が住んでいる町はとても古い町なので、その雰囲気を保とうと、市が10年計画で町のあちこちの道路を昔風のレンガに変えている。
家の前の道路は去年の4月には変える計画だったが、遅れに遅れ先月から工事が始まった。ちなみにこのレンガ道路はかなり費用がかかるので、住民は一部を負担しなければならない。
10年間税金という形で市に支払い続けるのだ。
これが結構高い。
でも、家の前の道路がレンガだと、車がスピードを出して走れないので安全だし、景観が良いので家を売りに出すときは付加価値がついて売りやすくなるらしい。
住民のほとんどが賛成してレンガ道路にすることになったが、一部の住民が猛反対して、道の一部だけアスファルトのままという、なんとも間抜けなことになっている。

アスファルトをはがす作業はめちゃくちゃ早かった。
私は初めてアスファルトを粉砕する専用のトラックを見たが、ものすごい機械だ。

e0112632_7381479.jpg


午前中にはすべてのアスファルトを剥いでしまった。

e0112632_7384983.jpg


e0112632_739443.jpg



しかし、その後の作業は結構時間がかかった。
まず、ハリケーンが来ても道路が水没しないように、かなり大きな下水道を作った。
それから、セメントで縁石を作り、道路の地ならしをしてから砂をまき、その上に手作業でレンガを敷き詰める。
半分までレンガを敷いた状態で、レンガの敷き具合が甘かったらしく、すべてやり直し。
レンガを敷き詰めたら、その上にまた砂をかける。
砂がレンガの間に入って、レンガを動かないようにする為らしい。

昨日、やっとすべてのレンガが敷き詰め終わった。

e0112632_7395497.jpg


しかし、すべての住民の前庭の芝生は惨憺たる状態。
家のスプリンクラーも壊されて、修理が必要な状態。
でも、スプリンクラーの修理と芝生の植え替えは市の方でやってくれるらしい。
早く元通りにしてもらえるといいな。
滅多に見れない工事を見れて、ちょっと面白かったけど、砂埃で家と車が汚いよ~。
[PR]
# by bocce | 2007-03-08 12:35 | アメリカ生活

一日領事館

フロリダ在住の日本人はパスポートの申請などを在マイアミ日本国総領事館にする。
在マイアミ日本国総領事館は年に数回近郊にやってきて、1日領事館というものを開設してくれる。

在留届を提出しているので、そういった情報はメールで送られてくるが、今のところ、1日領事館のお知らせは2回のみ。
年2回しか来ないのかな?

パスポートが切れるのは7月なので、今回の1日領事館で新しいパスポートが受け取れるよう、事前に申請をしておいた。
まず、申請用紙を送ってもらい(送料自己負担)、必要書類を締切日必着で郵送するのだ。
あとは1日領事館の日に会場になっている日本食レストランに行って、新しいパスポートの手数料を払い、受け取ればいい。

出来上がっているパスポートを受けとるだけだから、すぐ終わると思っていたのが甘かった・・・。
ついでに近くの日本食レストランでランチを食べようと、11時過ぎごろ会場に着いて受付をしたら、「73番です。1時間以上待ちますね。」と、さらりと言われた。
そんなに待つなんて思ってなかったので、何の暇つぶしアイテムも持ってきてないよ!
小説の1冊でも持って行けば良かった・・・。
ランチを食べるには早すぎるし、1時間で行って帰ってくるのは慌しいから、終わってからランチにしようと思って待ってると・・・。
結局待ち時間1時間半、終わったのは1時だった。
はぁ~、やっぱりパスポートの申請に待ち時間は付き物なのね。
でも、これであと10年は申請しなくていいから、いいや。
ちなみに新しいパスポートはIC旅券です。
[PR]
# by bocce | 2007-03-02 16:35 | アメリカ生活