英語が苦手な主婦のアメリカでの子育て奮闘記


by Bocce
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

C4YW 2日目

初日は午後のみだったのですが、2日目は朝7時半からの朝食に始まって、夜中12時までのパーティまで盛り沢山です。
まずは9時からの最新医療についての総会に出席しました。
トリプルネガティブ(ホルモン受容体ER・PgR陰性、HER2陰性の為、ホルモン療法や分子標的治療が効かない)の新しい治療法などの説明がありましたが、ドクターが早口なのと内容が難しすぎてよく分かりませんでした。

次の総会までの休憩時間に赤ちゃん連れの女性に話しかけました。
彼女はHaving Children After Cancer(癌の後に子供を持つ)という本の著者で、36歳で乳癌になった後、1人養子縁組し2人出産して、現在3人の子供の母親です。
連れていた8ヶ月の赤ちゃんは43歳の時に出産したそうです。
彼女に「夢をあきらめちゃ駄目。子供が欲しいなら様々な方法があるから。」と励まされました。
この言葉、本当に嬉しかったです。
乳癌になって2人目の子供が持てないかもしれないという強いストレスにさらされている私に、周りは「1人いるんだからそのことに感謝しなくちゃ」という反応でした。
慰める為に言ってくれているのは分かるけど、気持ちを理解してもらえない辛さがありました。

次の総会はセルフイメージ(自己像)について。
対人関係セラピストが自分が乳癌になって、良いセルフイメージを持つことがいかに重要かを痛感したという内容でした。

ランチ前に集合写真を撮りました。
かなりの人数ですよね。
e0112632_12533716.jpg

その時にアジア人女性を見かけたので話しかけました。
彼女は中国人でヒューストンから2人の中国人の友達と一緒に参加していました。
一緒にランチをとりながら話すと、彼女も子供が欲しいのにドクターからは2年は待った方がいいと言われているそうです。
彼女はトリプルネガティブで、2年間は再発のリスクが高い為だそうです。

ワークショップ セッション2はHormonal Therapies(ホルモン療法)に出席しました。
午前の最新医療について説明したドクターで、やっぱり難しかったです。

ワークショップ セッション3はManaging Early Menopause(早期閉経の対処法)に参加したかったのですが、朝から難しい英語づくめでかなり疲れてしまったのと、義妹が泊まりに来ていたので、早めに切り上げて帰りました。
[PR]
# by Bocce | 2011-03-06 22:51 | 乳癌

C4YW 初日

先週末、年1回開催されるYoung women affected by breast cancer(通称C4YW)というカンファレンス(会議)に参加してきました。
会議というと堅苦しいイメージがあるので、あえてカンファレンスと書きます。
このカンファレンスは若年性乳癌患者とそれをサポートする人たちが参加しています。
最新医学や栄養学、ストレスコントロールの仕方など様々なテーマのワークショップ(講習会)に参加したり、ヨガやパーティに参加したりして、気持ちを共有し合える友人を見つけたり、励ましあったりします。

アメリカでは様々なカンファレンスが各地で開催されていて、アメリカ全土から人が集まるため、ホテルにカンファレンスルームがあってホテルで行われることが多いです。
C4YWもホテルで開催されましたが、同じ週末に同じホテルでいくつものカンファレンスが開催されていました。
C4YWもアメリカ全土のみならず、カナダやヨーロッパなど海外からの参加者もいました。

私自身、ホルモン療法を去年の9月から続けていますが、開始してすぐに生理不順になり、この2ヶ月間は完全に止まり、様々な副作用もでてきています。
気分の落ち込みやイライラがひどくなってきているので、何か助けになればと思い参加してきました。

参加者同士が話しかけやすいよう、レイ(首にかける花輪)の色で下記のように分類してました。
白:乳癌診断1年以内
緑:乳癌診断1~5年前
オレンジ:乳癌診断6~9年前
ピンク:乳癌診断10年以上前
紫:転移
赤:ハイリスク
黄色:介護者、家族、友人
青:医療関係者

私は白なのですが、白いレイはすぐになくなってしまいました。
黄色いレイをかけている人も多く、アメリカの家族の絆の強さを感じます。
思ったより男性の参加者も多く、こういう集まりについてきてくれる旦那さんっていいなぁと思いました。
ちなみに、私は一人で参加です。

ワークショップはセッション1~4まであって、各セッションごとに5~8つのテーマがあります。
自分の興味のあるテーマのワークショップに参加するのですが、同じセッション内でいくつか参加したいテーマがあったので、どれを選ぶか悩みました。
初日のセッション1はヨガ・インストラクターによるMind Body Connection(心と体のつながり)を選びました。
彼女自身、20代のときに余命1年と宣告され、それから20年以上も生きてきた人です。
いかにしてストレスコントロールするかヨガの呼吸法を教えてくれたのが、とても参考になりました。
気持ちを落ち着けたいときは、右の鼻の穴をふさいで、左穴のみで深呼吸を繰り返すのがいいそうです。
活力を与えたいときは反対の右穴のみで深呼吸。
ものすごいストレスを受けた時には左穴で吸って吐いて、右穴で吸って吐いてを繰り返すといいそう。
ストレスを受けるとどうしても呼吸が浅くなってしまうので、深呼吸するとこによって気持ちを落ち着かせることができるそうです。

ワークショップの後はウェルカム・パーティがあったのですが、犬の散歩があるので一旦家に戻って、夜のヨガクラスに参加しました。
ヨガの後は女性のみ参加のパジャマ・パーティ。
ホテルに宿泊してる参加者は本当にパジャマを着て参加してました。
このパーティはPure Romanceという会社によるラッフル抽選会で、参加者はラッフルチケットを1枚ずつ渡され、番号が呼ばれたらステージに行き、当選した商品の説明を面白おかしく紹介されて手渡されます。
この会社、販売している商品はいわゆる大人のおもちゃ。
乳癌治療の副作用に膣の乾燥、性交痛というのがあります。
若年性乳癌患者にとっては大きな問題です。
日本ではあまりおおっぴらに話題にしないことでも、楽しく採り上げる姿勢はさすがアメリカだなーってびっくりしました。
[PR]
# by bocce | 2011-03-06 12:15 | 乳癌

早くも挫折???

新年に週3回のジム通いを目標にして、かなり張り切って運動していた私。
でも、先週から急に右胸が腫れだしました。
右胸といえば乳癌の手術をした胸。
一体どうしちゃったんだろう?

私の乳癌のドクターは3人いるので、とりあえず放射線治療をしたDr. Dの病院に電話してみました。
すると手術をしたDr. Kに診察してもらうように指示されました。
Dr. Kの予約が取れたのが今日だったので不安な気持ちで行ってきました。
確かに腫れているけれど、触診でも超音波検査でも異常なし。
「最近、食生活とか何か変えたことはなかったの?」と聞かれ、食事を変えてエクササイズを増やしたことを詳しく説明すると、「ジョギングが原因だわ。」と言われました。
ジョギングが胸に与える衝撃はかなりのものらしいです。
Ibuprofen(イブプロフェン。非ステロイド系消炎鎮痛剤)を72時間服用し、2週間はジョギングしないよう言われました。
それからブラジャーは胸をサポートするタイプのものを着けるようにと。

胸に問題があった訳ではなかったので、よかったー。
乳癌の次は何!?ってちょっと不安でした。
胸の腫れが気になって先週からエクササイズしてなかったし、また再開しないと。
週3回のジム通いは早くも挫折してしまったけど、無理しない程度に運動しなさいってことなのかな?
ジョギングや飛んだり跳ねたりする運動以外は全く問題ないそうだから、ヨガに集中しよう。
[PR]
# by bocce | 2011-01-20 22:08 | 乳癌

交代でベビーシッター

先週からママ友Kちゃんとお互いの2歳児を交代でベビーシッターすることにしました。
先週は私がKちゃんの娘Mちゃんを預かり、今週は太郎を預かってもらうという隔週ベビーシッター。
預ける時間は10時から2時まで。
子供の送り迎えの時間を引くと、自由になる時間は3時間くらい。
この貴重な3時間をどう使おう?
太郎がいたら絶対にできないことってなんだろう?
映画館で映画、ボディマッサージ、フェイシャル、ネイルサロンへ行く、洒落たレストランで優雅なランチ・・・。
Kちゃんは自宅で子供の声がしない静かなひと時を楽しんだそう。
それもいいなぁ。
色々悩んで、とりあえず映画にしました。
なんか、家にいたら掃除・洗濯を始めちゃいそうだし。

しかし、映画って午後からの上映が多いんですよね。
朝っぱらから映画を観る人も少ないか。
1時半ぐらいまでに上映が終わる映画ということで、「Black Swan(黒鳥)」を観てきました。
バレエ好きだし、ナタリー・ポートマン好きだしということで内容も知らずに選んでしまった。
よく出来た映画だったけど、ハッピーエンドの映画にしておけば良かったなぁ。
観てる間、ハラハラドキドキしちゃってリラックスには程遠かったです。

さて、次回は何しようかな♪
[PR]
# by bocce | 2011-01-18 22:52 | 出産・育児

サーカスが町に来たぞ!

週末、サーカスを見に行きました!
小学生の頃、両親に連れて行ってもらって以来だから、すごい久しぶり。
カメラを持っていくのを忘れちゃったので、写真は新聞のHPから拝借しました。

サラソタのサーカス博物館を見てから、ずっと見たいと思っていたアメリカのサーカス。
昔はステージが3つあったそうですが、今は規模が縮小。
それでも、かなり迫力があったので、昔はすごかったんだろうなぁ。
今でも芸によってはステージが3つ作られて、それぞれで違う芸をするから、見るのも忙しかったです。

会場の外では動物愛護団体が抗議運動をしていましたが、やっぱり動物を使った芸は迫力がありましたね。
象8頭が芸をするのは本当にすごかったです。
e0112632_1241389.jpg

虎も8頭ぐらいいたかな? うなり声なんかかなりの迫力。
e0112632_12423846.jpg

サーカス側はどれだけ動物たちを大切にしているか書いたチラシを最後に配ってました。

私にとってサーカスといえば空中ブランコなんだけど、今回は残念ながらなかったです。
それでも、綱渡りや空中大車輪、空中アクロバット、人間大砲など見所沢山で、結構楽しめました。
e0112632_12481593.jpg


座席によってチケット代がかなり違ったんだけど、$100の席は一部の芸はサーカス会場に下りて行って間近で芸を見れるというものでした。
高いけど、1回ぐらい体験してみたいなぁ。
[PR]
# by bocce | 2011-01-17 22:37 | エンターテイメント

断捨離(だんしゃり)

日本では「断捨離」が流行ってるそうですね。
暮れに録画しておいたクローズアップ現代で知りました。
それから、私の日本に住んでる友達もブログで紹介してました。

  だんしゃり 断・捨・離とは、
  自分とモノとの関係を問い直し、
  暮らし・自分・人生を調えていくプロセス。
  不要・不適・不快なモノとの関係を、
  文字通り、断ち・捨て・離れ
  引き算の解決方法によって停滞を取り除き
  住まいの、暮らしの、身体の、気持ちの、人生の、
  新陳代謝を促す・・・

  「断捨離.com」より


この週末、旦那が突然屋根裏部屋の大掃除をすると言い出したので、思い切って断捨離を実行してみました。
私は旦那にPack Rat(モリネズミ。巣の中に物を蓄える習性がある)と呼ばれるくらい、物が捨てられない女です。
もったいないとか、いつか使うかもとかで、色々なものをとっておきます。

今回、思い切って捨てたのはガイドブックや雑誌など。
旅行好きで30カ国近く旅してきたので、旅行関係の本が山ほど。
思い出と思ってとっておいたけど、断腸の思いで捨てました。

それからカセットテープやMD。
ゴスペルを習ってたとき、練習のために毎回のレッスンをMDに録音しておいたんですよね。
これも発表会のMDをのぞいて、すべてさようなら。

語学関係の本も沢山ありました。
大学時代に習ったフランス語。
上海に住んでたときに習った中国語。
もちろん英語も。
アメリカに住んでるんだし英語が最優先ということで、フランス語と中国語は処分。
まったく使ってない英語の本も山ほどあるけど、今回は断捨離できませんでした。

手紙も小学生時代からすべてとっておいてありました。
これも泣く泣く処分。

旦那も私のことを笑えないくらい、色々な物をしまいこんでいたので、ものすごいゴミの量でした。
e0112632_1282790.jpg

これ全部、東京→上海→東京→フロリダと移動させてたんですね。
引越し代は会社持ちだったとは言え、無駄なことをしたものです。

今回は手が回らなかったけど、服もいずれ断捨離しなくちゃ・・・。
OL時代の服が沢山あるんだけど、なかなか捨てられないのよねー。
[PR]
# by bocce | 2011-01-09 22:19 | ハウス・プロジェクト

あけましておめでとう!

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

e0112632_1362763.jpg

元旦に太郎の髪を切りました。
散髪は大泣きして抵抗されるので、昼寝の時にしかできません。
太郎が寝てる状態で切るので、なかなか難しいです。
途中で起きちゃうと中途半端な髪型になっちゃうので、起こさないようにそろりそろりと切ります。
もんちっちカットでおさるさんみたいになっちゃったけど、ま、いいか。

e0112632_1365640.jpg

↑これは切る直前の写真。
髪の毛が立ってモヒカンのようになってるのは、アメリカ人には不思議だそうです。
太郎の髪質は日本人なのかな?


2010年は年明けすぐに流産という最悪の幕開けで、乳癌告知、2回の手術、放射線治療と本当に大変な年でした。
しかも身内に2人も癌が見つかって・・・。
私を含め全員早期発見というのはとても運が良かったです。
定期健診はとても重要ですね。
あまりにも色々あったので、1年がとても長く感じられました。

2011年は健康に気をつけようと思います。
やっぱり大事なのは食生活なので、クリスマスにVitamix(バイタミックス)という高価なブレンダーを買ってもらいました。
にんじんでもセロリでもジュースにしてしまう、パワフルなブレンダーです。
癌の食事療法でも新鮮な野菜ジュースを毎日沢山飲むのを勧める本がいくつかあります。
生野菜はそんなに沢山食べられないから、ジュースで飲むのが一番いいみたいです。
太郎はあまり野菜を食べないので、果物のスムージーに野菜を忍ばせて飲ませています。
e0112632_1373757.jpg

それから、運動にも力を入れよう。
3月にコロラドへスノーボードしに行くことになったので、筋力アップしないと。
目標は週3回のジム通いだなぁ。
[PR]
# by Bocce | 2011-01-02 23:04 | 健康

お散歩

アトランタは毎日寒いです。
クリスマスの1週間前から太郎は珍しく風邪をひいていて、1週間かかってやっと治ったと思ったら今度は私にうつってしまいました。
滅多に風邪をひかない太郎をノックダウンさせた風邪なので、かなり強力です。
なのでこの1週間はだらだらと過ごしてます。

さすがに少しは運動しなければと、犬も連れてお散歩へでかけました。
e0112632_6214057.jpg

今年完成したばかりというトレイルは綺麗で、全長7マイル(11km)。
4マイル(6km)地点まで歩き、折り返しました。
e0112632_6233637.jpg

太郎はストローラーを押して歩くのが好きで、ここでも一生懸命押して歩いてました。
e0112632_6223651.jpg

途中でスナックタイム。
太郎の大好きなおしゃぶり昆布もこれが最後。
日本から送ってもらわなきゃ。
e0112632_623422.jpg

さすがに太郎のペースで8マイル(12km)歩くと日が暮れてしまうので、途中ストローラーに乗せましたが、もっと歩きたくて大泣き!
最後には泣き疲れて眠ってしまいました。
沢山歩いて疲れたのか、めずらしく2時間もお昼寝しました。

明日はいよいよ大晦日ですね。
皆さん、良いお年を!
[PR]
# by bocce | 2010-12-30 16:19 | アウトドア

ホワイトクリスマス

e0112632_124838.jpg

今年のクリスマスは旦那の実家で過ごしました。
(ちなみに写真は自宅のクリスマスツリーです。)
アメリカではクリスマスプレゼントをいくつも買います。
私はあんまりおもちゃを沢山買い与えたくないんだけど、旦那は全く気にしません。
クリスマスにはプレゼントが山ほどあるのが当然と思ってます。
だから今年の太郎のプレゼントの数はすごかったです。
サンタから1個、両親から5個、日本のじじばばから2個、アメリカのじじばばから5個、アメリカの叔母から1個、アメリカの大叔父から1個で合計15個!
日本人の常識を遥かに超えてますよね。

e0112632_125175.jpg

プレゼントを全部持っていくのは大変なので出発前日の23日に自宅でプレゼントをあけ、アメリカのじじばばの家で25日の朝にもプレゼントをあけました。
太郎はラッピングを破るのが楽しくて仕方がないって感じで、クリスマスの翌日もプレゼントを探してました(苦笑)。

クリスマス当日、アトランタでは朝から雪が降り出して一面銀世界に。
クリスマスに雪が積もったのは実に130年ぶりだそうです。
太郎は生まれて初めて雪を楽しみました。
e0112632_1254250.jpg

久々にブログに登場、ルリルリとジャジャもちょっと雪を楽しみましたが、2匹ともアフリカの犬なので寒さは苦手なようです。
e0112632_1261848.jpg

e0112632_1265137.jpg


フロリダでは味わえないホワイトクリスマスを過ごしました。
[PR]
# by bocce | 2010-12-27 22:02 | アメリカ生活

2歳の誕生日

太郎もついに2歳になりました!
e0112632_1310384.jpg

「2歳まであっという間」というママ友が多い中、私はまだ2歳かぁって感じです。
なんか、妊娠してから時間が経つのが滅茶苦茶遅い。

誕生日当日は、お友達の招待でディズニーワールドへ行ってきました。
ランチのときにバースディケーキをオーダーしてくれて、サプライズでお祝いしてもらました。
皆さんどうもありがとう。とっても嬉しかったです。
e0112632_1382831.jpg

誕生日にディズニーに行くと、Happy Birthdayと書かれたバッジをもらえるのですが、太郎は嫌がって付けてくれませんでした。
いいや、スクラップブックに貼ろうって思ったけど、肝心の写真をほとんど撮ってない!
この日は最高気温50F(10℃)、最低気温25F(-3℃)とフロリダにしては珍しく寒い日で、暖かい気候に慣れた体には厳しく、写真を撮るどころじゃない。
でも、ショーの写真だけはやたら撮ってたんだけどね。
友達が撮ってた写真に期待しよう。
e0112632_1385272.jpg


ディズニーで遊んで帰りが遅くなったので、バースディディナーは簡単にパスタでした。
太郎、ごめんねー。
一応、ケーキだけは作ったんだけど、これが大失敗。
当日は時間がないから、スポンジだけは前日に焼いたんだけど、なぜか膨らまない。
シフォンケーキなら何度も作ってるし失敗しないからと焼いたら、これまたしぼんでしまうし。
一体何が悪いの???
3度目の正直で焼いてみたけど、またまたしぼんでしましました。
仕方がないから、しぼんだシフォンケーキにデコレーションしました。
e0112632_1392129.jpg

バースディプレートはないし、ケーキを失敗したショックで部屋を飾るのも忘れ、しょぼいケーキでお祝いになっちゃったけど、本人はプレゼントに夢中だったので、ま、いいか。
両親からはトーマスの電車セット他、日本のじじばばからはアンパンマンのバス、アメリカのじじばばからはローラースケートや絵本などもらいました。
ちなにみ、このローラースケートは対象年齢が2歳からになってます。
旦那がお礼の電話で「うちの息子を殺す気か?」と冗談を言ってたのがうけました。
絵本は録音できる絵本で、じじばばが1ページずつ交代で朗読したのが録音してありました。
最後にWe love you!って入ってるし、なんて素敵なプレゼントでしょう!
太郎は幸せ者だね。
誕生日おめでとう!!!
[PR]
# by bocce | 2010-12-14 23:06 | 家族