英語が苦手な主婦のアメリカでの子育て奮闘記


by Bocce
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

抗がん剤は必要なし!

5月27日(木)、Dr. Mと今後の治療について話し合いました。
まずは、一番気になっていたオンコタイプDXの検査結果。
スコアは17でぎりぎりローリスクでした!
なので、抗がん剤は必要なし!
良かった~。
でも、再発率は11%だそうです。
ローリスクでも10人に1人は再発するのか・・・。
そこが癌の怖いところです。

抗がん剤はしないので、次は放射線療法です。
これは乳房や胸壁など局所の再発を予防するための治療で、月~金曜まで毎日通院して約6週間にわたって行います。
Dr. Mは化学療法(抗がん剤)とホルモン療法を行うMedical Oncologist(腫瘍内科医)なので、Radiation Oncologist(放射線腫瘍医)のDr. Dを紹介されました。
Dr. Dとの予約は6月8日で、その時に治療のスケジュールを立てるので、次の治療はまだ先になりそう。
「手術から1ヶ月して体力が回復してからでないと、次の治療は始められない」と言われていたけど、早く始めて欲しい・・・。

アメリカは専門が細かく分かれているので、患者はあっちの病院こっちの病院といくつもの病院に行かなければならず、その度予約を取って(予約が取れるのは1~2週間先)問診表を記入して、かなり大変です。
[PR]
by bocce | 2010-05-28 23:19 | 乳癌